ロンドンマラソン上位独占も ケニア勢の“薬物疑惑”晴れず

公開日: 更新日:

 渦中のケニア勢が上位独占である。

 ロンドン・マラソンが24日に行われ、男子はエリウド・キプチョゲ(ケニア)が世界歴代2位となる2時間3分5秒で連覇を達成した。スタンリー・ビウォット(同)が2時間3分51秒で2位に入り、ケニア勢がワンツーフィニッシュを達成した。5000メートル、1万メートルの世界記録保持者で北京五輪2冠のケネニサ・ベケレ(エチオピア)は3位。2時間2分57秒の世界記録を持つデニス・キメット(ケニア)は2時間11分44秒で9位だった。

 他のアフリカ勢のトップランナーを抑えてゴールテープを切ったキプチョゲはBBC放送のインタビューに「記録に満足している。沿道の声援が背中を押してくれた」と話したが、当然のことながら疑惑の目が向けられている。

 同国では過去3年間で40人近い陸上選手が禁止薬物使用で処分を受けた。組織的ドーピングのロシア陸連同様、世界反ドーピング機関(WADA)からはケニアの陸上選手も出場資格停止を科され、一時はリオ五輪への選手派遣が危ぶまれたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  5. 5

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  6. 6

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る