ロンドンマラソン上位独占も ケニア勢の“薬物疑惑”晴れず

公開日:  更新日:

 渦中のケニア勢が上位独占である。

 ロンドン・マラソンが24日に行われ、男子はエリウド・キプチョゲ(ケニア)が世界歴代2位となる2時間3分5秒で連覇を達成した。スタンリー・ビウォット(同)が2時間3分51秒で2位に入り、ケニア勢がワンツーフィニッシュを達成した。5000メートル、1万メートルの世界記録保持者で北京五輪2冠のケネニサ・ベケレ(エチオピア)は3位。2時間2分57秒の世界記録を持つデニス・キメット(ケニア)は2時間11分44秒で9位だった。

 他のアフリカ勢のトップランナーを抑えてゴールテープを切ったキプチョゲはBBC放送のインタビューに「記録に満足している。沿道の声援が背中を押してくれた」と話したが、当然のことながら疑惑の目が向けられている。

 同国では過去3年間で40人近い陸上選手が禁止薬物使用で処分を受けた。組織的ドーピングのロシア陸連同様、世界反ドーピング機関(WADA)からはケニアの陸上選手も出場資格停止を科され、一時はリオ五輪への選手派遣が危ぶまれたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る