陸連にブレーキ疑惑 名古屋Vキルワさえ「設定記録」破れず

公開日:  更新日:

「終盤にスピードが落ちなかっただけに、30キロまでのペースが悔やまれますね」

 リオ五輪女子マラソン最終選考会の名古屋ウィメンズを観戦した陸上ジャーナリストの菅原勲氏がこう言った。

 ペースメーカー(PM)が外れる30キロまで、昨年より1分以上も遅いペースで進んだレースは、昨年覇者のキルワ(31=バーレーン)が予想通り30キロから飛び出す。田中智美(28)が単独でキルワを追い、後続をグングン引き離す展開になったが、37キロ手前で小原怜(25)が田中に追いつき、日本人トップとなる2位争いはデッドヒートになった。最後は田中が小原を1秒差で振り切り、2時間23分19秒でゴール。リオ五輪代表を「確定」させた。

 それにしても解せないのは、主催者がPMに指示した5キロ16分55秒から17分のぺースだ。4日付の日刊ゲンダイ本紙が指摘したように、このペースは福士加代子(33)が2時間22分17秒で走った大阪国際(5キロ・16分40秒)より15秒以上も遅い。大阪では2時間20分台でゴールできるペース設定が、名古屋のゴール設定は2時間23分台。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る