陸連にブレーキ疑惑 名古屋Vキルワさえ「設定記録」破れず

公開日: 更新日:

「終盤にスピードが落ちなかっただけに、30キロまでのペースが悔やまれますね」

 リオ五輪女子マラソン最終選考会の名古屋ウィメンズを観戦した陸上ジャーナリストの菅原勲氏がこう言った。

 ペースメーカー(PM)が外れる30キロまで、昨年より1分以上も遅いペースで進んだレースは、昨年覇者のキルワ(31=バーレーン)が予想通り30キロから飛び出す。田中智美(28)が単独でキルワを追い、後続をグングン引き離す展開になったが、37キロ手前で小原怜(25)が田中に追いつき、日本人トップとなる2位争いはデッドヒートになった。最後は田中が小原を1秒差で振り切り、2時間23分19秒でゴール。リオ五輪代表を「確定」させた。

 それにしても解せないのは、主催者がPMに指示した5キロ16分55秒から17分のぺースだ。4日付の日刊ゲンダイ本紙が指摘したように、このペースは福士加代子(33)が2時間22分17秒で走った大阪国際(5キロ・16分40秒)より15秒以上も遅い。大阪では2時間20分台でゴールできるペース設定が、名古屋のゴール設定は2時間23分台。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る