「自分から仕掛けるべき」 マラソン福士に“逃げ”のススメ

公開日: 更新日:

「リオでは金を掴みにいく」

 こう宣言している女子マラソンの福士加代子(34)は、2013年世界陸上銅メダルを獲得し、リオの代表選考では唯一、陸連の設定記録(2時間22分30秒)を突破している。最近の五輪や世界陸上の優勝記録を見れば、期待度はますます高くなる。

●12年ロンドン五輪=ティキ・ゲラナ(2時間23分07秒・エチオピア)
●13年世界陸上=エドナ・キプラガト(2時間25分44秒・ケニア)
●15年世界陸上=マレ・ディババ(2時間27分35秒・エチオピア)

 3大会とも、今年の大阪国際で福士が出した2時間22分17秒のベスト記録より随分遅い。「ですが……」と言って、陸上ジャーナリストの菅原勲氏がこう続ける。

「ペースメーカーがいない五輪や世界陸上はタイムレースではない。選手たちはあくまでも1位狙いでくる。有力選手たちの駆け引きによるスピードの上げ下げが行われ、体力の消耗は国内レースの比ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る