「自分から仕掛けるべき」 マラソン福士に“逃げ”のススメ

公開日:  更新日:

「リオでは金を掴みにいく」

 こう宣言している女子マラソンの福士加代子(34)は、2013年世界陸上銅メダルを獲得し、リオの代表選考では唯一、陸連の設定記録(2時間22分30秒)を突破している。最近の五輪や世界陸上の優勝記録を見れば、期待度はますます高くなる。

●12年ロンドン五輪=ティキ・ゲラナ(2時間23分07秒・エチオピア)
●13年世界陸上=エドナ・キプラガト(2時間25分44秒・ケニア)
●15年世界陸上=マレ・ディババ(2時間27分35秒・エチオピア)

 3大会とも、今年の大阪国際で福士が出した2時間22分17秒のベスト記録より随分遅い。「ですが……」と言って、陸上ジャーナリストの菅原勲氏がこう続ける。

「ペースメーカーがいない五輪や世界陸上はタイムレースではない。選手たちはあくまでも1位狙いでくる。有力選手たちの駆け引きによるスピードの上げ下げが行われ、体力の消耗は国内レースの比ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る