「いつでも行ける」 ダル4度目リハビリ登板で自信深めた

公開日: 更新日:

 右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術からの復活を目指すレンジャーズのダルビッシュ有(29)が復調をアピールした。

 17日(日本時間18日)は傘下2Aフリスコの公式戦に4度目のリハビリ登板。アスレチックス傘下ミッドランド相手に予定されていた5回を投げ、3安打1失点、6奪三振。今季最多の68球を投げ、直球の最速は156キロをマークした。

 初回、2死三塁のピンチでは捕逸により失点したが、その後は危なげなかった。味方の拙守もあって三回以降は毎回の走者を背負いながらも、緩急をつけた投球で2Aの打者相手に格の違いを見せつけた。

 この日は強風が吹き、肌寒い天候。試合開始は午前11時5分と難しい調整を強いられたダルは「朝早くても、しっかりアジャスト(対応)して試合もつくれた。ある程度は実戦的な投球ができているので、いつでも(メジャーに)行ける状態にある」と順調な仕上がりを口にした。

 22日には再び2A戦にリハビリ登板し、早ければ27日からのパイレーツ3連戦でメジャー復帰する見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る