「いつでも行ける」 ダル4度目リハビリ登板で自信深めた

公開日: 更新日:

 右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術からの復活を目指すレンジャーズのダルビッシュ有(29)が復調をアピールした。

 17日(日本時間18日)は傘下2Aフリスコの公式戦に4度目のリハビリ登板。アスレチックス傘下ミッドランド相手に予定されていた5回を投げ、3安打1失点、6奪三振。今季最多の68球を投げ、直球の最速は156キロをマークした。

 初回、2死三塁のピンチでは捕逸により失点したが、その後は危なげなかった。味方の拙守もあって三回以降は毎回の走者を背負いながらも、緩急をつけた投球で2Aの打者相手に格の違いを見せつけた。

 この日は強風が吹き、肌寒い天候。試合開始は午前11時5分と難しい調整を強いられたダルは「朝早くても、しっかりアジャスト(対応)して試合もつくれた。ある程度は実戦的な投球ができているので、いつでも(メジャーに)行ける状態にある」と順調な仕上がりを口にした。

 22日には再び2A戦にリハビリ登板し、早ければ27日からのパイレーツ3連戦でメジャー復帰する見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る