「いつでも行ける」 ダル4度目リハビリ登板で自信深めた

公開日:  更新日:

 右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術からの復活を目指すレンジャーズのダルビッシュ有(29)が復調をアピールした。

 17日(日本時間18日)は傘下2Aフリスコの公式戦に4度目のリハビリ登板。アスレチックス傘下ミッドランド相手に予定されていた5回を投げ、3安打1失点、6奪三振。今季最多の68球を投げ、直球の最速は156キロをマークした。

 初回、2死三塁のピンチでは捕逸により失点したが、その後は危なげなかった。味方の拙守もあって三回以降は毎回の走者を背負いながらも、緩急をつけた投球で2Aの打者相手に格の違いを見せつけた。

 この日は強風が吹き、肌寒い天候。試合開始は午前11時5分と難しい調整を強いられたダルは「朝早くても、しっかりアジャスト(対応)して試合もつくれた。ある程度は実戦的な投球ができているので、いつでも(メジャーに)行ける状態にある」と順調な仕上がりを口にした。

 22日には再び2A戦にリハビリ登板し、早ければ27日からのパイレーツ3連戦でメジャー復帰する見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る