• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「いつでも行ける」 ダル4度目リハビリ登板で自信深めた

 右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術からの復活を目指すレンジャーズのダルビッシュ有(29)が復調をアピールした。

 17日(日本時間18日)は傘下2Aフリスコの公式戦に4度目のリハビリ登板。アスレチックス傘下ミッドランド相手に予定されていた5回を投げ、3安打1失点、6奪三振。今季最多の68球を投げ、直球の最速は156キロをマークした。

 初回、2死三塁のピンチでは捕逸により失点したが、その後は危なげなかった。味方の拙守もあって三回以降は毎回の走者を背負いながらも、緩急をつけた投球で2Aの打者相手に格の違いを見せつけた。

 この日は強風が吹き、肌寒い天候。試合開始は午前11時5分と難しい調整を強いられたダルは「朝早くても、しっかりアジャスト(対応)して試合もつくれた。ある程度は実戦的な投球ができているので、いつでも(メジャーに)行ける状態にある」と順調な仕上がりを口にした。

 22日には再び2A戦にリハビリ登板し、早ければ27日からのパイレーツ3連戦でメジャー復帰する見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る