• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“先発1人”縛りとエースの存在…マエケン早くも球宴絶望的

 ドジャースの前田健太(28)が16日(日本時間17日)、4勝目(2敗)をかけて「フリーウエーシリーズ」と呼ばれるインターリーグのエンゼルス戦に登板した。二回までは抜群の制球力で打者6人を完璧に料理し、、二回裏には自ら左前適時打を放って2-0とリードを広げたが、三回に5本の長短打を浴びて4失点、逆転を許し、メジャー最短の4回5安打4失点で降板した。

 4試合続けて白星があげられなかったとはいえ、チームでは貴重な右腕としてまずまずの働きを見せている前田。ここまで8試合で3勝(2敗)はエースでサイ・ヤング賞左腕のカーショウ(5勝1敗)に次いでチーム2位タイ。今年の球宴(7月12日=サンディエゴ)に出場できるに注目が集まるが、ハードルは極めて高そうだ。

 球宴でナ・リーグを指揮するのは昨季のリーグ覇者メッツのテリー・コリンズ監督(元オリックス監督)。前田の球宴出場は、同監督の意向次第だが、球宴までに白星を積み重ねても「栄誉」を手にすることは厳しそうだ。同僚には球宴の常連であるカーショウがいる。原則として、球宴に出られる先発投手は1球団につき1人までとされているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  7. 7

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

もっと見る