“先発1人”縛りとエースの存在…マエケン早くも球宴絶望的

公開日: 更新日:

 ドジャースの前田健太(28)が16日(日本時間17日)、4勝目(2敗)をかけて「フリーウエーシリーズ」と呼ばれるインターリーグのエンゼルス戦に登板した。二回までは抜群の制球力で打者6人を完璧に料理し、、二回裏には自ら左前適時打を放って2-0とリードを広げたが、三回に5本の長短打を浴びて4失点、逆転を許し、メジャー最短の4回5安打4失点で降板した。

 4試合続けて白星があげられなかったとはいえ、チームでは貴重な右腕としてまずまずの働きを見せている前田。ここまで8試合で3勝(2敗)はエースでサイ・ヤング賞左腕のカーショウ(5勝1敗)に次いでチーム2位タイ。今年の球宴(7月12日=サンディエゴ)に出場できるに注目が集まるが、ハードルは極めて高そうだ。

 球宴でナ・リーグを指揮するのは昨季のリーグ覇者メッツのテリー・コリンズ監督(元オリックス監督)。前田の球宴出場は、同監督の意向次第だが、球宴までに白星を積み重ねても「栄誉」を手にすることは厳しそうだ。同僚には球宴の常連であるカーショウがいる。原則として、球宴に出られる先発投手は1球団につき1人までとされているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る