術後配慮の慎重起用濃厚 ダル“復帰後”に待つストレス地獄

公開日:  更新日:

 実戦復帰が徐々に近づいている。

 右肘の腱を再建するトミー・ジョン手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)。13日(日本時間14日)には術後、初めてフリー打撃に登板し「すごく楽しめた」と明るい表情で話すなど、順調な回復ぶりを見せている。今後は球数を増やしながら、2度、打者相手に投げ、24日にもマイナー戦で実戦復帰する予定だ。

 複数の地元メディアは「順調に調整が進めば、メジャー復帰は5月12日のホワイトソックス戦になる」と予想。当初の予定通り、5月上旬から中旬には戦列に戻れる見込みだが、問題は復帰後だ。

「ローテーションに戻っても、相当な我慢を強いられることになるはず。特にレンジャーズは慎重なチームだからね」

 と地元記者。レンジャーズに限ったことではないにしろ、メジャーではトミー・ジョン手術明けの投手の起用には慎重を期し、1試合あたりのイニング数、球数は厳密に制限される。例えば、レンジャーズでは昨年7月に同手術から復帰した左腕のマーティン・ペレスは、患部への負担を減らすため、登板間隔を5日以上空けるなど細心の注意が払われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る