4度目調整登板で1失点も ダルのメジャー復帰は“追試”後

公開日: 更新日:

 右肘手術から順調な回復ぶりを見せているレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)。

 4度目のリハビリ登板となった17日(日本時間18日)の傘下2Aフリスコの試合では5回を3安打1失点、6奪三振。復調をアピールしたが、もう1試合のリハビリマウンドを課された。

 チームの公式ホームページによれば、ダルは22日(同23日)のパドレス傘下2Aサンアントニオ戦に登板する。当日は6回、90球を目安に投げる予定で、これまでのリハビリ登板ではいずれも最多となる。登板後に患部などに異常がなければ、最短で27日のパイレーツ戦でのメジャー復帰が可能だ。

 ここに来てレンジャーズは守護神トールソンが2戦連続でセーブに失敗。18試合で11セーブ(0勝2敗)をマークしているものの、防御率9・20と絶不調で中継ぎ降格。先発右腕のグリフィンが故障者リスト(DL)入りするなど、投手陣の台所事情が厳しくなってきた。

 前日の登板後に「いつでも行ける」と話していたダル。

 万全の状態で戻ってチームの窮状を救えるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る