• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4度目調整登板で1失点も ダルのメジャー復帰は“追試”後

 右肘手術から順調な回復ぶりを見せているレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)。

 4度目のリハビリ登板となった17日(日本時間18日)の傘下2Aフリスコの試合では5回を3安打1失点、6奪三振。復調をアピールしたが、もう1試合のリハビリマウンドを課された。

 チームの公式ホームページによれば、ダルは22日(同23日)のパドレス傘下2Aサンアントニオ戦に登板する。当日は6回、90球を目安に投げる予定で、これまでのリハビリ登板ではいずれも最多となる。登板後に患部などに異常がなければ、最短で27日のパイレーツ戦でのメジャー復帰が可能だ。

 ここに来てレンジャーズは守護神トールソンが2戦連続でセーブに失敗。18試合で11セーブ(0勝2敗)をマークしているものの、防御率9・20と絶不調で中継ぎ降格。先発右腕のグリフィンが故障者リスト(DL)入りするなど、投手陣の台所事情が厳しくなってきた。

 前日の登板後に「いつでも行ける」と話していたダル。

 万全の状態で戻ってチームの窮状を救えるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る