• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4度目調整登板で1失点も ダルのメジャー復帰は“追試”後

 右肘手術から順調な回復ぶりを見せているレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)。

 4度目のリハビリ登板となった17日(日本時間18日)の傘下2Aフリスコの試合では5回を3安打1失点、6奪三振。復調をアピールしたが、もう1試合のリハビリマウンドを課された。

 チームの公式ホームページによれば、ダルは22日(同23日)のパドレス傘下2Aサンアントニオ戦に登板する。当日は6回、90球を目安に投げる予定で、これまでのリハビリ登板ではいずれも最多となる。登板後に患部などに異常がなければ、最短で27日のパイレーツ戦でのメジャー復帰が可能だ。

 ここに来てレンジャーズは守護神トールソンが2戦連続でセーブに失敗。18試合で11セーブ(0勝2敗)をマークしているものの、防御率9・20と絶不調で中継ぎ降格。先発右腕のグリフィンが故障者リスト(DL)入りするなど、投手陣の台所事情が厳しくなってきた。

 前日の登板後に「いつでも行ける」と話していたダル。

 万全の状態で戻ってチームの窮状を救えるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る