29日に復帰決定のダル 2年ぶり白星の条件は“90球決着”

公開日:  更新日:

「リハビリを重ねるごとに強くなっている。(不安は)もうないですね」――。

 右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が完全復活を口にした。

 5度目のリハビリ登板となった22日(日本時間23日)の2A戦は、6回を3安打無失点。87球でまとめ、首脳陣から課された「6回、90球」をクリアし、28日(日本時間29日)のパイレーツ戦でのメジャー復帰が決まった。

 22日付の地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」(電子版)によれば、ダルは球団の方針もあり、しばらくは90球限定のマウンドになる。通常、先発投手は1試合当たり100球がメドだ。再発を防ぐため、患部への負担を考慮されたものだが、この10球の差が明暗を分けそうだ。

 レンジャーズは抑え投手に不安を抱え、リリーフ陣の防御率5・43はリーグワースト。ここにきて守護神トールソン(0勝2敗、11セーブ、防御率9・20)が2戦連続でセーブに失敗し、中継ぎに降格した。代わったダイソンは20日のアストロズ戦で3セーブ目を挙げたが、2長短打を浴びて失点するなど、安定感を欠いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る