• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

29日に復帰決定のダル 2年ぶり白星の条件は“90球決着”

「リハビリを重ねるごとに強くなっている。(不安は)もうないですね」――。

 右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が完全復活を口にした。

 5度目のリハビリ登板となった22日(日本時間23日)の2A戦は、6回を3安打無失点。87球でまとめ、首脳陣から課された「6回、90球」をクリアし、28日(日本時間29日)のパイレーツ戦でのメジャー復帰が決まった。

 22日付の地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」(電子版)によれば、ダルは球団の方針もあり、しばらくは90球限定のマウンドになる。通常、先発投手は1試合当たり100球がメドだ。再発を防ぐため、患部への負担を考慮されたものだが、この10球の差が明暗を分けそうだ。

 レンジャーズは抑え投手に不安を抱え、リリーフ陣の防御率5・43はリーグワースト。ここにきて守護神トールソン(0勝2敗、11セーブ、防御率9・20)が2戦連続でセーブに失敗し、中継ぎに降格した。代わったダイソンは20日のアストロズ戦で3セーブ目を挙げたが、2長短打を浴びて失点するなど、安定感を欠いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る