29日に復帰決定のダル 2年ぶり白星の条件は“90球決着”

公開日: 更新日:

「リハビリを重ねるごとに強くなっている。(不安は)もうないですね」――。

 右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が完全復活を口にした。

 5度目のリハビリ登板となった22日(日本時間23日)の2A戦は、6回を3安打無失点。87球でまとめ、首脳陣から課された「6回、90球」をクリアし、28日(日本時間29日)のパイレーツ戦でのメジャー復帰が決まった。

 22日付の地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」(電子版)によれば、ダルは球団の方針もあり、しばらくは90球限定のマウンドになる。通常、先発投手は1試合当たり100球がメドだ。再発を防ぐため、患部への負担を考慮されたものだが、この10球の差が明暗を分けそうだ。

 レンジャーズは抑え投手に不安を抱え、リリーフ陣の防御率5・43はリーグワースト。ここにきて守護神トールソン(0勝2敗、11セーブ、防御率9・20)が2戦連続でセーブに失敗し、中継ぎに降格した。代わったダイソンは20日のアストロズ戦で3セーブ目を挙げたが、2長短打を浴びて失点するなど、安定感を欠いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    【大阪】元府知事でも…太田房江が総スカンで得票激減か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る