• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラスト調整は6回零封 ダル“試運転”終えメジャー復帰へ

 メジャー復帰に不安はなさそうだ。

 右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術からの復帰を目指すレンジャーズのダルビッシュ有(29)が22日(日本時間23日)、傘下2Aフリスコの一員としてパドレス傘下のサンアントニオ戦に先発し、6回を3安打無失点、6奪三振、1四球。事前に課された投球イニング、球数(87)ともクリアし、順調な回復ぶりをアピールした。

 5度目のリハビリマウンドは格下相手とはいえ危なげない投球を披露。二回には2死から安打と盗塁で唯一、得点圏に走者を背負ったが、後続を変化球でバットに空を切らせるなど、つけ入る隙を与えなかった。敵地のスピードガンで直球の最速は96マイル(約155キロ)を記録するなど、球威、変化球のキレとも申し分なかった。

 これでダルはマイナー戦に5試合(計20回)を投げ、9安打4失点(自責2)。患部に異常がなければ、予定通り中5日で28日(日本時間29日)のパイレーツ戦でメジャーに復帰する。

 別人のように進化したダルの視界は良好とみてよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  4. 4

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  5. 5

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  6. 6

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

もっと見る