ラスト調整は6回零封 ダル“試運転”終えメジャー復帰へ

公開日:  更新日:

 メジャー復帰に不安はなさそうだ。

 右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術からの復帰を目指すレンジャーズのダルビッシュ有(29)が22日(日本時間23日)、傘下2Aフリスコの一員としてパドレス傘下のサンアントニオ戦に先発し、6回を3安打無失点、6奪三振、1四球。事前に課された投球イニング、球数(87)ともクリアし、順調な回復ぶりをアピールした。

 5度目のリハビリマウンドは格下相手とはいえ危なげない投球を披露。二回には2死から安打と盗塁で唯一、得点圏に走者を背負ったが、後続を変化球でバットに空を切らせるなど、つけ入る隙を与えなかった。敵地のスピードガンで直球の最速は96マイル(約155キロ)を記録するなど、球威、変化球のキレとも申し分なかった。

 これでダルはマイナー戦に5試合(計20回)を投げ、9安打4失点(自責2)。患部に異常がなければ、予定通り中5日で28日(日本時間29日)のパイレーツ戦でメジャーに復帰する。

 別人のように進化したダルの視界は良好とみてよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る