• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラスト調整は6回零封 ダル“試運転”終えメジャー復帰へ

 メジャー復帰に不安はなさそうだ。

 右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術からの復帰を目指すレンジャーズのダルビッシュ有(29)が22日(日本時間23日)、傘下2Aフリスコの一員としてパドレス傘下のサンアントニオ戦に先発し、6回を3安打無失点、6奪三振、1四球。事前に課された投球イニング、球数(87)ともクリアし、順調な回復ぶりをアピールした。

 5度目のリハビリマウンドは格下相手とはいえ危なげない投球を披露。二回には2死から安打と盗塁で唯一、得点圏に走者を背負ったが、後続を変化球でバットに空を切らせるなど、つけ入る隙を与えなかった。敵地のスピードガンで直球の最速は96マイル(約155キロ)を記録するなど、球威、変化球のキレとも申し分なかった。

 これでダルはマイナー戦に5試合(計20回)を投げ、9安打4失点(自責2)。患部に異常がなければ、予定通り中5日で28日(日本時間29日)のパイレーツ戦でメジャーに復帰する。

 別人のように進化したダルの視界は良好とみてよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る