• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

悪天候に強行日程…錦織圭を待ち受ける“試合以前”の難敵

 例えば大会初日、錦織圭(26)の1回戦だ。第2セットの途中で2時間半以上、降雨中断。試合はようやく再開されたものの、第3セットの途中で再び中断し、結局、中止順延になった。

 選手のコンディションなどお構いなし。そこには強引にでも1回戦を消化してしまいたいという主催者の強い意図が感じられた。

 翌日は強い風が吹いていた。テニスの全仏オープンが行われているパリは今週1週間、こんな雨風が続くらしい。

 悪天候に加えて、会場のローランギャロスは改修工事の真っ最中。その影響で、使えるはずのコートが2面使えない。かといって日程を動かすわけにはいかない。そんな事情があって、主催者側は選手に強行日程を強いているのだ。

 錦織は以前とは比べものにならないくらい、体を鍛えている。それでも世界のトッププレーヤーたちと比べれば、まだまだ体力や、体の強さは劣る。昨シーズンは右肩や左脇腹を痛めたし、下半身も故障しがち。ケガのリスクを抱えながらの戦いが続いている。

 強行日程を強いられるのはどの選手も一緒。しかし、どちらかといえば脆弱な錦織は、トップクラスの選手たち以上にダメージを受ける可能性がある。相手と戦う以前に難敵が待ち受けている――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る