悪天候に強行日程…錦織圭を待ち受ける“試合以前”の難敵

公開日: 更新日:

 例えば大会初日、錦織圭(26)の1回戦だ。第2セットの途中で2時間半以上、降雨中断。試合はようやく再開されたものの、第3セットの途中で再び中断し、結局、中止順延になった。

 選手のコンディションなどお構いなし。そこには強引にでも1回戦を消化してしまいたいという主催者の強い意図が感じられた。

 翌日は強い風が吹いていた。テニスの全仏オープンが行われているパリは今週1週間、こんな雨風が続くらしい。

 悪天候に加えて、会場のローランギャロスは改修工事の真っ最中。その影響で、使えるはずのコートが2面使えない。かといって日程を動かすわけにはいかない。そんな事情があって、主催者側は選手に強行日程を強いているのだ。

 錦織は以前とは比べものにならないくらい、体を鍛えている。それでも世界のトッププレーヤーたちと比べれば、まだまだ体力や、体の強さは劣る。昨シーズンは右肩や左脇腹を痛めたし、下半身も故障しがち。ケガのリスクを抱えながらの戦いが続いている。

 強行日程を強いられるのはどの選手も一緒。しかし、どちらかといえば脆弱な錦織は、トップクラスの選手たち以上にダメージを受ける可能性がある。相手と戦う以前に難敵が待ち受けている――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る