指導3年目で成績足踏み 錦織&チャン“コンビ解消”に現実味

公開日: 更新日:

 2人の「関係」は今季で終わるかもしれない。

 全仏テニス男子シングルス1回戦。錦織(世界ランク6位)は、同3位のフェデラーが欠場したことにより、第5シードとなった。1回戦はシモネ・ボレリ(30・同116位=イタリア)と対戦。第1セットを6-1、第2セットを7-5で連取。第2セット途中で雨のため2時間半以上、試合は中断。再開後、第3セットで錦織が2-1とリードした場面で再び中断され、23日以降に順延となったが、翌日再開後はボレリを圧倒。結局セットカウント3-0で2回戦に進出した。

 今大会のコートも赤土(クレー)だが、錦織は大会直前にパリ市内のホテルで行われたカクテルパーティーで、今季のクレーでの好成績について質問されると「マイケル(・チャン)のアドバイスがあったから」と答えていた。13年12月からコーチに就任したマイケルは、89年の全仏に優勝。球足が遅くなる赤土特有の戦い方について錦織に何か特別なアドバイスをしたのかもしれない。それでも錦織とマイケルの師弟関係は今年限りの可能性は十分にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る