• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

指導3年目で成績足踏み 錦織&チャン“コンビ解消”に現実味

 2人の「関係」は今季で終わるかもしれない。

 全仏テニス男子シングルス1回戦。錦織(世界ランク6位)は、同3位のフェデラーが欠場したことにより、第5シードとなった。1回戦はシモネ・ボレリ(30・同116位=イタリア)と対戦。第1セットを6-1、第2セットを7-5で連取。第2セット途中で雨のため2時間半以上、試合は中断。再開後、第3セットで錦織が2-1とリードした場面で再び中断され、23日以降に順延となったが、翌日再開後はボレリを圧倒。結局セットカウント3-0で2回戦に進出した。

 今大会のコートも赤土(クレー)だが、錦織は大会直前にパリ市内のホテルで行われたカクテルパーティーで、今季のクレーでの好成績について質問されると「マイケル(・チャン)のアドバイスがあったから」と答えていた。13年12月からコーチに就任したマイケルは、89年の全仏に優勝。球足が遅くなる赤土特有の戦い方について錦織に何か特別なアドバイスをしたのかもしれない。それでも錦織とマイケルの師弟関係は今年限りの可能性は十分にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る