• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

指導3年目で成績足踏み 錦織&チャン“コンビ解消”に現実味

 2人の「関係」は今季で終わるかもしれない。

 全仏テニス男子シングルス1回戦。錦織(世界ランク6位)は、同3位のフェデラーが欠場したことにより、第5シードとなった。1回戦はシモネ・ボレリ(30・同116位=イタリア)と対戦。第1セットを6-1、第2セットを7-5で連取。第2セット途中で雨のため2時間半以上、試合は中断。再開後、第3セットで錦織が2-1とリードした場面で再び中断され、23日以降に順延となったが、翌日再開後はボレリを圧倒。結局セットカウント3-0で2回戦に進出した。

 今大会のコートも赤土(クレー)だが、錦織は大会直前にパリ市内のホテルで行われたカクテルパーティーで、今季のクレーでの好成績について質問されると「マイケル(・チャン)のアドバイスがあったから」と答えていた。13年12月からコーチに就任したマイケルは、89年の全仏に優勝。球足が遅くなる赤土特有の戦い方について錦織に何か特別なアドバイスをしたのかもしれない。それでも錦織とマイケルの師弟関係は今年限りの可能性は十分にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る