指導3年目で成績足踏み 錦織&チャン“コンビ解消”に現実味

公開日: 更新日:

 2人の「関係」は今季で終わるかもしれない。

 全仏テニス男子シングルス1回戦。錦織(世界ランク6位)は、同3位のフェデラーが欠場したことにより、第5シードとなった。1回戦はシモネ・ボレリ(30・同116位=イタリア)と対戦。第1セットを6-1、第2セットを7-5で連取。第2セット途中で雨のため2時間半以上、試合は中断。再開後、第3セットで錦織が2-1とリードした場面で再び中断され、23日以降に順延となったが、翌日再開後はボレリを圧倒。結局セットカウント3-0で2回戦に進出した。

 今大会のコートも赤土(クレー)だが、錦織は大会直前にパリ市内のホテルで行われたカクテルパーティーで、今季のクレーでの好成績について質問されると「マイケル(・チャン)のアドバイスがあったから」と答えていた。13年12月からコーチに就任したマイケルは、89年の全仏に優勝。球足が遅くなる赤土特有の戦い方について錦織に何か特別なアドバイスをしたのかもしれない。それでも錦織とマイケルの師弟関係は今年限りの可能性は十分にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る