• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織マスターズ初Vにまた難敵 次戦ティエムは若手成長株

 男子テニスツアーのイタリア国際(クレー・ATP1000)シングルス3回戦が行われ、第6シードの錦織圭(26=世界ランク6位)は、第11シードのR・ガスケ(29・フランス=同12位)と対戦。第1ゲームでいきなりブレークすると終始ゲームの主導権を握り6-1、6―4でストレート勝ちした。準々決勝の相手は、同15位のドミニク・ティエム(オーストリア)。3回戦で、背中の故障で前週の試合を欠場したフェデラーを2-0で破った22歳だ。

 急成長しているこの若造は厄介な相手だ。強烈なサービスとスピンの利いた片手バックハンドが武器のティエムは、昨年のニース・オープンでツアー初優勝を挙げると、クロアチアOP、スイスOPを制し、年間3勝を挙げた。今季も2月のアルゼンチンOPで4勝目を手にし、2週間後のメキシコOPで5勝目と、乗りに乗ってる選手だ。

 しかも、メキシコOP以外の優勝はすべてクレーコート。アルゼンチンOPでは、前年覇者で「赤土の王者」ことナダルにマッチポイントを握られながら逆転勝ち。長いラリー戦では粘り強いプレーを見せる。

 錦織は昨年6月のゲリー・ウェバーOP(グラスコート)の1回戦で初めてティエム(当時同29位)と顔を合わせ、11本のサービスエースを決められ7-6(4)、7-5と苦戦した。

 フェデラーは消えたが、マスターズ未勝利の錦織の前に思わぬ難敵出現だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る