錦織マスターズ初Vにまた難敵 次戦ティエムは若手成長株

公開日: 更新日:

 男子テニスツアーのイタリア国際(クレー・ATP1000)シングルス3回戦が行われ、第6シードの錦織圭(26=世界ランク6位)は、第11シードのR・ガスケ(29・フランス=同12位)と対戦。第1ゲームでいきなりブレークすると終始ゲームの主導権を握り6-1、6―4でストレート勝ちした。準々決勝の相手は、同15位のドミニク・ティエム(オーストリア)。3回戦で、背中の故障で前週の試合を欠場したフェデラーを2-0で破った22歳だ。

 急成長しているこの若造は厄介な相手だ。強烈なサービスとスピンの利いた片手バックハンドが武器のティエムは、昨年のニース・オープンでツアー初優勝を挙げると、クロアチアOP、スイスOPを制し、年間3勝を挙げた。今季も2月のアルゼンチンOPで4勝目を手にし、2週間後のメキシコOPで5勝目と、乗りに乗ってる選手だ。

 しかも、メキシコOP以外の優勝はすべてクレーコート。アルゼンチンOPでは、前年覇者で「赤土の王者」ことナダルにマッチポイントを握られながら逆転勝ち。長いラリー戦では粘り強いプレーを見せる。

 錦織は昨年6月のゲリー・ウェバーOP(グラスコート)の1回戦で初めてティエム(当時同29位)と顔を合わせ、11本のサービスエースを決められ7-6(4)、7-5と苦戦した。

 フェデラーは消えたが、マスターズ未勝利の錦織の前に思わぬ難敵出現だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る