錦織マスターズ初Vにまた難敵 次戦ティエムは若手成長株

公開日:  更新日:

 男子テニスツアーのイタリア国際(クレー・ATP1000)シングルス3回戦が行われ、第6シードの錦織圭(26=世界ランク6位)は、第11シードのR・ガスケ(29・フランス=同12位)と対戦。第1ゲームでいきなりブレークすると終始ゲームの主導権を握り6-1、6―4でストレート勝ちした。準々決勝の相手は、同15位のドミニク・ティエム(オーストリア)。3回戦で、背中の故障で前週の試合を欠場したフェデラーを2-0で破った22歳だ。

 急成長しているこの若造は厄介な相手だ。強烈なサービスとスピンの利いた片手バックハンドが武器のティエムは、昨年のニース・オープンでツアー初優勝を挙げると、クロアチアOP、スイスOPを制し、年間3勝を挙げた。今季も2月のアルゼンチンOPで4勝目を手にし、2週間後のメキシコOPで5勝目と、乗りに乗ってる選手だ。

 しかも、メキシコOP以外の優勝はすべてクレーコート。アルゼンチンOPでは、前年覇者で「赤土の王者」ことナダルにマッチポイントを握られながら逆転勝ち。長いラリー戦では粘り強いプレーを見せる。

 錦織は昨年6月のゲリー・ウェバーOP(グラスコート)の1回戦で初めてティエム(当時同29位)と顔を合わせ、11本のサービスエースを決められ7-6(4)、7-5と苦戦した。

 フェデラーは消えたが、マスターズ未勝利の錦織の前に思わぬ難敵出現だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    マンション価格は2019年10月の消費増税を機に暴落する

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る