• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織マスターズ初Vにまた難敵 次戦ティエムは若手成長株

 男子テニスツアーのイタリア国際(クレー・ATP1000)シングルス3回戦が行われ、第6シードの錦織圭(26=世界ランク6位)は、第11シードのR・ガスケ(29・フランス=同12位)と対戦。第1ゲームでいきなりブレークすると終始ゲームの主導権を握り6-1、6―4でストレート勝ちした。準々決勝の相手は、同15位のドミニク・ティエム(オーストリア)。3回戦で、背中の故障で前週の試合を欠場したフェデラーを2-0で破った22歳だ。

 急成長しているこの若造は厄介な相手だ。強烈なサービスとスピンの利いた片手バックハンドが武器のティエムは、昨年のニース・オープンでツアー初優勝を挙げると、クロアチアOP、スイスOPを制し、年間3勝を挙げた。今季も2月のアルゼンチンOPで4勝目を手にし、2週間後のメキシコOPで5勝目と、乗りに乗ってる選手だ。

 しかも、メキシコOP以外の優勝はすべてクレーコート。アルゼンチンOPでは、前年覇者で「赤土の王者」ことナダルにマッチポイントを握られながら逆転勝ち。長いラリー戦では粘り強いプレーを見せる。

 錦織は昨年6月のゲリー・ウェバーOP(グラスコート)の1回戦で初めてティエム(当時同29位)と顔を合わせ、11本のサービスエースを決められ7-6(4)、7-5と苦戦した。

 フェデラーは消えたが、マスターズ未勝利の錦織の前に思わぬ難敵出現だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る