悪童キリオスと大差なし? 錦織圭の“醜悪”試合マナー

公開日: 更新日:

 好プレーも台無しだ。マドリード・オープン男子シングルス準々決勝で第6シードの錦織圭(26・世界ランク6位)は、ニック・キリオス(豪州・21=同21位)を6-7、7-6、6-3の接戦で下し、ベスト4へ進出。準決勝の相手はジョコビッチに決まった。

 錦織が倒したキリオスは、暴言やプレー態度が悪いことで有名な選手だ。この日も第2セットの途中でラケットをブン投げ警告を受けたが、この類いの話は枚挙にいとまがない。

 14年の全米オープン(以下OP)ではボールをコート外に打ちだしたり、わいせつな言葉を吐いて3度の警告を受けた。昨年の全英では審判に対する暴言で1万ドル(当時約120万円)の罰金を科せられ、8月のロジャーズ杯ではワウリンカとの試合中に「俺の友達はお前の彼女と寝たぞ」とささやく声をコートサイドのマイクが拾って大問題になった。この件で1万ドルの罰金をくらい、その後、執行猶予がつく2万5000ドルの罰金と28日間のツアー出場停止という追加処分を言い渡された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る