勝利もヘトヘト錦織 王者ジョコとの決定差は「体調管理」

公開日: 更新日:

 次戦は大丈夫か?

 錦織圭(26=世界ランク6位)は、イタリア国際2回戦で同24位のトロイツキ(セルビア)に逆転勝ち。3回戦に駒を進めたが、第1セットが終わった時にメディカル・タイムアウトをとり、薬を飲んでゲームを続けた。

 前週のマドリード・オープン(OP)準決勝で、世界最強のジョコビッチに敗れはしたものの、最後までくらいつき、その疲れが残っているという。さらに、今週の試合会場(ローマ)は蒸し暑く、クレー特有の長いラリーも増える。体調管理が難しく、「家に帰って休憩を挟まないと精神的な疲れも出てしまう」と、胸の内を明かした。

 だが、それを聞いたらジョコビッチはおそらく噴き出すだろう。例えば、ジョコは5年前の11年にはマドリードOPとイタリア国際に2週連続で優勝。ジョコ23歳のこの年は、前半だけで4つのマスターズに勝ち、全豪、全英、全米を制した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  4. 4

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  5. 5

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  6. 6

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る