勝利もヘトヘト錦織 王者ジョコとの決定差は「体調管理」

公開日: 更新日:

 次戦は大丈夫か?

 錦織圭(26=世界ランク6位)は、イタリア国際2回戦で同24位のトロイツキ(セルビア)に逆転勝ち。3回戦に駒を進めたが、第1セットが終わった時にメディカル・タイムアウトをとり、薬を飲んでゲームを続けた。

 前週のマドリード・オープン(OP)準決勝で、世界最強のジョコビッチに敗れはしたものの、最後までくらいつき、その疲れが残っているという。さらに、今週の試合会場(ローマ)は蒸し暑く、クレー特有の長いラリーも増える。体調管理が難しく、「家に帰って休憩を挟まないと精神的な疲れも出てしまう」と、胸の内を明かした。

 だが、それを聞いたらジョコビッチはおそらく噴き出すだろう。例えば、ジョコは5年前の11年にはマドリードOPとイタリア国際に2週連続で優勝。ジョコ23歳のこの年は、前半だけで4つのマスターズに勝ち、全豪、全英、全米を制した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    定年後の健康保険0円に“秘策” 扶養入りという第4の選択肢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る