勝利もヘトヘト錦織 王者ジョコとの決定差は「体調管理」

公開日:  更新日:

 次戦は大丈夫か?

 錦織圭(26=世界ランク6位)は、イタリア国際2回戦で同24位のトロイツキ(セルビア)に逆転勝ち。3回戦に駒を進めたが、第1セットが終わった時にメディカル・タイムアウトをとり、薬を飲んでゲームを続けた。

 前週のマドリード・オープン(OP)準決勝で、世界最強のジョコビッチに敗れはしたものの、最後までくらいつき、その疲れが残っているという。さらに、今週の試合会場(ローマ)は蒸し暑く、クレー特有の長いラリーも増える。体調管理が難しく、「家に帰って休憩を挟まないと精神的な疲れも出てしまう」と、胸の内を明かした。

 だが、それを聞いたらジョコビッチはおそらく噴き出すだろう。例えば、ジョコは5年前の11年にはマドリードOPとイタリア国際に2週連続で優勝。ジョコ23歳のこの年は、前半だけで4つのマスターズに勝ち、全豪、全英、全米を制した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る