くせ者打者と執拗な待球…復帰のダルに敵球団が手ぐすね

公開日:  更新日:

「(復帰する)実感はない。冷静に落ち着いてやりたい」――。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が25日(日本時間26日)、約1年9カ月ぶりの復帰登板となる28日(同29日)のパイレーツ戦を前に心境を明かした。

 ブロケイル投手コーチの方針から、復帰後しばらくは「90球限定」となる。球団では登板間隔を通常の中4日ではなく、先発投手を1人増やして中5日で回すことも検討している。患部への負担を極力、軽減する首脳陣の配慮からだ。

 球数は少なく、登板間隔が空けば、余裕を持って次の試合のマウンドに上がれるが、そうはさせじとライバル球団は手ぐすね引いて待っている。

 チームは現在、首位マリナーズと1.5ゲーム差でア・リーグ西地区2位(25日終了時)と好調だ。そのマリナーズは打線が強力でチーム本塁打(65)、総得点ともリーグ2位。好調なマリナーズはもちろん、下位に低迷する球団も決して侮れない。各球団とも待球を徹底したり、くせ者打者が少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る