• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

くせ者打者と執拗な待球…復帰のダルに敵球団が手ぐすね

「(復帰する)実感はない。冷静に落ち着いてやりたい」――。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が25日(日本時間26日)、約1年9カ月ぶりの復帰登板となる28日(同29日)のパイレーツ戦を前に心境を明かした。

 ブロケイル投手コーチの方針から、復帰後しばらくは「90球限定」となる。球団では登板間隔を通常の中4日ではなく、先発投手を1人増やして中5日で回すことも検討している。患部への負担を極力、軽減する首脳陣の配慮からだ。

 球数は少なく、登板間隔が空けば、余裕を持って次の試合のマウンドに上がれるが、そうはさせじとライバル球団は手ぐすね引いて待っている。

 チームは現在、首位マリナーズと1.5ゲーム差でア・リーグ西地区2位(25日終了時)と好調だ。そのマリナーズは打線が強力でチーム本塁打(65)、総得点ともリーグ2位。好調なマリナーズはもちろん、下位に低迷する球団も決して侮れない。各球団とも待球を徹底したり、くせ者打者が少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る