くせ者打者と執拗な待球…復帰のダルに敵球団が手ぐすね

公開日:  更新日:

「(復帰する)実感はない。冷静に落ち着いてやりたい」――。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が25日(日本時間26日)、約1年9カ月ぶりの復帰登板となる28日(同29日)のパイレーツ戦を前に心境を明かした。

 ブロケイル投手コーチの方針から、復帰後しばらくは「90球限定」となる。球団では登板間隔を通常の中4日ではなく、先発投手を1人増やして中5日で回すことも検討している。患部への負担を極力、軽減する首脳陣の配慮からだ。

 球数は少なく、登板間隔が空けば、余裕を持って次の試合のマウンドに上がれるが、そうはさせじとライバル球団は手ぐすね引いて待っている。

 チームは現在、首位マリナーズと1.5ゲーム差でア・リーグ西地区2位(25日終了時)と好調だ。そのマリナーズは打線が強力でチーム本塁打(65)、総得点ともリーグ2位。好調なマリナーズはもちろん、下位に低迷する球団も決して侮れない。各球団とも待球を徹底したり、くせ者打者が少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る