ダルが手術&筋トレで“大変身” マー君は右ヒジどうする?

公開日:  更新日:

 イメージチェンジの投球だった。

 昨年3月に右肘靱帯の修復手術を受けた大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有(29)が、28日(日本時間29日)のパイレーツ戦に先発。5回(81球)を3安打1失点7奪三振で、14年7月28日以来の勝ち星を手にした。

 ダルはリハビリの間、筋トレで体を鍛え、肩回りや胸板はさらに厚くなり、二の腕も丸太のように太くなった。オフにダルと自主トレを一緒にやった日本ハムの大谷や、キャンプでダルの変身ぶりを見た同僚たちは、「体が2回り大きくなった」と目を白黒させていた。日ハム1年目に85キロしかなかった体重は、今や107キロまで増えた。ダルによれば、増量分はすべて筋肉だという。

 筋肉の鎧を身につけ復帰したダルの投球には変化が見られた。以前は打者を「打ち取ってやる」という気持ちが見ている者にも伝わってくるほど力感のあるフォームだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る