ダルが手術&筋トレで“大変身” マー君は右ヒジどうする?

公開日: 更新日:

 イメージチェンジの投球だった。

 昨年3月に右肘靱帯の修復手術を受けた大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有(29)が、28日(日本時間29日)のパイレーツ戦に先発。5回(81球)を3安打1失点7奪三振で、14年7月28日以来の勝ち星を手にした。

 ダルはリハビリの間、筋トレで体を鍛え、肩回りや胸板はさらに厚くなり、二の腕も丸太のように太くなった。オフにダルと自主トレを一緒にやった日本ハムの大谷や、キャンプでダルの変身ぶりを見た同僚たちは、「体が2回り大きくなった」と目を白黒させていた。日ハム1年目に85キロしかなかった体重は、今や107キロまで増えた。ダルによれば、増量分はすべて筋肉だという。

 筋肉の鎧を身につけ復帰したダルの投球には変化が見られた。以前は打者を「打ち取ってやる」という気持ちが見ている者にも伝わってくるほど力感のあるフォームだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  3. 3

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  8. 8

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る