中5日で3勝目 田中将の登板間隔をメディア“問題視”の理由

公開日:  更新日:

 27日(日本時間28日)のレイズ戦に中5日で登板したヤンキース田中将大(27)は、七回二安打無失点の82球“省エネ快投”で3勝目を挙げたが、ニューヨーク・ポスト紙やウォール・ストリート・ジャーナル紙をはじめとするニューヨークメディアが、田中の登板間隔を問題視し始めている。

 田中はこの日のレイズ戦の試合前まで9試合に先発して2勝0敗、防御率3.24。そこそこの数字を残しているものの、中4日登板の3試合に限れば計19回で21安打、4本塁打、防御率5.68と打ち込まれているのだ。

 田中は首脳陣から、右肘靱帯の部分断裂を考慮されている。中5日以上の登板間隔が多いのはそのためだ。

 しかし、ヤンキースは6連勝するなど、最近20試合は13勝7敗で最下位を脱出。プレーオフ争いにクビを突っ込みそうな状況に加え、24日には今季2度目の20連戦に突入した。田中の右肘を配慮する余裕はないのが現状で、今後、中4日が続く可能性も出てきた。いよいよ年俸24億円の右腕にかかる責任は重大になるだけに、NYメディアが田中の登板間隔を執拗に気にするわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る