中5日で3勝目 田中将の登板間隔をメディア“問題視”の理由

公開日: 更新日:

 27日(日本時間28日)のレイズ戦に中5日で登板したヤンキース田中将大(27)は、七回二安打無失点の82球“省エネ快投”で3勝目を挙げたが、ニューヨーク・ポスト紙やウォール・ストリート・ジャーナル紙をはじめとするニューヨークメディアが、田中の登板間隔を問題視し始めている。

 田中はこの日のレイズ戦の試合前まで9試合に先発して2勝0敗、防御率3.24。そこそこの数字を残しているものの、中4日登板の3試合に限れば計19回で21安打、4本塁打、防御率5.68と打ち込まれているのだ。

 田中は首脳陣から、右肘靱帯の部分断裂を考慮されている。中5日以上の登板間隔が多いのはそのためだ。

 しかし、ヤンキースは6連勝するなど、最近20試合は13勝7敗で最下位を脱出。プレーオフ争いにクビを突っ込みそうな状況に加え、24日には今季2度目の20連戦に突入した。田中の右肘を配慮する余裕はないのが現状で、今後、中4日が続く可能性も出てきた。いよいよ年俸24億円の右腕にかかる責任は重大になるだけに、NYメディアが田中の登板間隔を執拗に気にするわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る