• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中5日で3勝目 田中将の登板間隔をメディア“問題視”の理由

 27日(日本時間28日)のレイズ戦に中5日で登板したヤンキース田中将大(27)は、七回二安打無失点の82球“省エネ快投”で3勝目を挙げたが、ニューヨーク・ポスト紙やウォール・ストリート・ジャーナル紙をはじめとするニューヨークメディアが、田中の登板間隔を問題視し始めている。

 田中はこの日のレイズ戦の試合前まで9試合に先発して2勝0敗、防御率3.24。そこそこの数字を残しているものの、中4日登板の3試合に限れば計19回で21安打、4本塁打、防御率5.68と打ち込まれているのだ。

 田中は首脳陣から、右肘靱帯の部分断裂を考慮されている。中5日以上の登板間隔が多いのはそのためだ。

 しかし、ヤンキースは6連勝するなど、最近20試合は13勝7敗で最下位を脱出。プレーオフ争いにクビを突っ込みそうな状況に加え、24日には今季2度目の20連戦に突入した。田中の右肘を配慮する余裕はないのが現状で、今後、中4日が続く可能性も出てきた。いよいよ年俸24億円の右腕にかかる責任は重大になるだけに、NYメディアが田中の登板間隔を執拗に気にするわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る