中5日で3勝目 田中将の登板間隔をメディア“問題視”の理由

公開日: 更新日:

 27日(日本時間28日)のレイズ戦に中5日で登板したヤンキース田中将大(27)は、七回二安打無失点の82球“省エネ快投”で3勝目を挙げたが、ニューヨーク・ポスト紙やウォール・ストリート・ジャーナル紙をはじめとするニューヨークメディアが、田中の登板間隔を問題視し始めている。

 田中はこの日のレイズ戦の試合前まで9試合に先発して2勝0敗、防御率3.24。そこそこの数字を残しているものの、中4日登板の3試合に限れば計19回で21安打、4本塁打、防御率5.68と打ち込まれているのだ。

 田中は首脳陣から、右肘靱帯の部分断裂を考慮されている。中5日以上の登板間隔が多いのはそのためだ。

 しかし、ヤンキースは6連勝するなど、最近20試合は13勝7敗で最下位を脱出。プレーオフ争いにクビを突っ込みそうな状況に加え、24日には今季2度目の20連戦に突入した。田中の右肘を配慮する余裕はないのが現状で、今後、中4日が続く可能性も出てきた。いよいよ年俸24億円の右腕にかかる責任は重大になるだけに、NYメディアが田中の登板間隔を執拗に気にするわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る