昨季DH不発に泣いた巨人 ガルシア交流戦デビューに現実味

公開日: 更新日:

 28日まで10年ぶりの7連敗を食らうなどボロボロの巨人。借金1のリーグ5位で交流戦に突入する。昨季は7勝11敗で12チーム中11位。後々これがV逸につながったと指摘されるだけに、何らかの対策が必要だ。

 昨季はパ・リーグの本拠地で採用されるDHの先発を4人が務め、打率.188と振るわなかった。ビジターでは2勝7敗。3カード全てで負け越した。DH4人の中には現役だった高橋由伸監督(41)も含まれる。谷らとDHを務めた12年は1試合4安打の固め打ちなどで打線を牽引。チームは交流戦打率.269と活発な打線を武器に優勝を果たしている。経験上、DHの重要性が脳裏に焼きついているのである。

 最初は右肩痛から復帰する阿部が務める予定。前日の二軍戦で2本塁打を含む7打点と爆発。昇格を決めたものの、故障明けで未知数だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る