• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ギャレ二軍降格で勃発 巨人は“四つ巴”の正一塁手争いに

 巨人がまずは“保険”で巻き返しを図る。

 23日、開幕から4番を任されていたギャレットが登録を抹消され、左ヒジの手術から復帰した3年目のアンダーソンが一軍に合流した。高橋監督は打線の起爆剤にしたいようだが、昨季は打率・252、31打点、7本塁打。当初は支配下9人の助っ人の中ではあくまで緊急時の“保険”的な立場だった。その緊急時が今ということなのだろう。とはいえ、アンダーソンの実力はすでに底が割れている。急場しのぎの感は否めない。

 明日25日に二軍調整中の阿部が二軍戦でDHとして実戦復帰する。捕手での復帰にこだわっているため、当初の予定からは大幅にずれ込んだ。

「一塁ならもう復帰できていたともっぱら。どこかのタイミングで高橋監督と阿部が、捕手なのか、一塁なのかを話し合う可能性も指摘されている。これまで一塁には開幕4番のギャレットがいたが、二軍に落ちた以上、これから一塁は状態のいい選手が日替わりで守ることになりそう。そうなると、球団も高橋監督も台頭を心待ちにしている高卒2年目・岡本にもチャンスが出てくるのです」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る