ギャレ二軍降格で勃発 巨人は“四つ巴”の正一塁手争いに

公開日:  更新日:

 巨人がまずは“保険”で巻き返しを図る。

 23日、開幕から4番を任されていたギャレットが登録を抹消され、左ヒジの手術から復帰した3年目のアンダーソンが一軍に合流した。高橋監督は打線の起爆剤にしたいようだが、昨季は打率・252、31打点、7本塁打。当初は支配下9人の助っ人の中ではあくまで緊急時の“保険”的な立場だった。その緊急時が今ということなのだろう。とはいえ、アンダーソンの実力はすでに底が割れている。急場しのぎの感は否めない。

 明日25日に二軍調整中の阿部が二軍戦でDHとして実戦復帰する。捕手での復帰にこだわっているため、当初の予定からは大幅にずれ込んだ。

「一塁ならもう復帰できていたともっぱら。どこかのタイミングで高橋監督と阿部が、捕手なのか、一塁なのかを話し合う可能性も指摘されている。これまで一塁には開幕4番のギャレットがいたが、二軍に落ちた以上、これから一塁は状態のいい選手が日替わりで守ることになりそう。そうなると、球団も高橋監督も台頭を心待ちにしている高卒2年目・岡本にもチャンスが出てくるのです」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る