ギャレ二軍降格で勃発 巨人は“四つ巴”の正一塁手争いに

公開日: 更新日:

 巨人がまずは“保険”で巻き返しを図る。

 23日、開幕から4番を任されていたギャレットが登録を抹消され、左ヒジの手術から復帰した3年目のアンダーソンが一軍に合流した。高橋監督は打線の起爆剤にしたいようだが、昨季は打率・252、31打点、7本塁打。当初は支配下9人の助っ人の中ではあくまで緊急時の“保険”的な立場だった。その緊急時が今ということなのだろう。とはいえ、アンダーソンの実力はすでに底が割れている。急場しのぎの感は否めない。

 明日25日に二軍調整中の阿部が二軍戦でDHとして実戦復帰する。捕手での復帰にこだわっているため、当初の予定からは大幅にずれ込んだ。

「一塁ならもう復帰できていたともっぱら。どこかのタイミングで高橋監督と阿部が、捕手なのか、一塁なのかを話し合う可能性も指摘されている。これまで一塁には開幕4番のギャレットがいたが、二軍に落ちた以上、これから一塁は状態のいい選手が日替わりで守ることになりそう。そうなると、球団も高橋監督も台頭を心待ちにしている高卒2年目・岡本にもチャンスが出てくるのです」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る