日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤンキース田中4勝目ならずも…中4日は勝利量産チャンス

 ヤンキース・田中将大(27)が6日(日本時間7日)のエンゼルス戦に登板。前回1日のブルージェイズ戦では強力打線を相手に6回2失点(自責点1)とまずまずの投球をしながら、打線の援護にも恵まれず、今季初黒星を喫した。仕切り直しとなった3戦ぶりの本拠地マウンドは7回を6安打2失点、3三振、2四球。同点の場面で降板したため、勝敗は関係なかった。

 序盤、制球に苦しみ、一回2死二塁のピンチで4番プホルスに甘く入った変化球を中前に運ばれ先制を許す。1点を追う三回には1死三塁から2番カルフーンの犠飛で1点を追加された。続く中軸2人を四球で歩かせ、再び、得点圏に走者を背負ったが、5番クロンを見逃し三振でピンチを脱した。

 その後は、味方打線が相手の先発シューメーカーを打ちあぐねる中、粘り強さを発揮した。六回1死一、二塁のピンチも後続を打ち取って追加点を許さない。七回を投げ終えたところでリリーフ陣にマウンドを託した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事