• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤンキース田中4勝目ならずも…中4日は勝利量産チャンス

 ヤンキース・田中将大(27)が6日(日本時間7日)のエンゼルス戦に登板。前回1日のブルージェイズ戦では強力打線を相手に6回2失点(自責点1)とまずまずの投球をしながら、打線の援護にも恵まれず、今季初黒星を喫した。仕切り直しとなった3戦ぶりの本拠地マウンドは7回を6安打2失点、3三振、2四球。同点の場面で降板したため、勝敗は関係なかった。

 序盤、制球に苦しみ、一回2死二塁のピンチで4番プホルスに甘く入った変化球を中前に運ばれ先制を許す。1点を追う三回には1死三塁から2番カルフーンの犠飛で1点を追加された。続く中軸2人を四球で歩かせ、再び、得点圏に走者を背負ったが、5番クロンを見逃し三振でピンチを脱した。

 その後は、味方打線が相手の先発シューメーカーを打ちあぐねる中、粘り強さを発揮した。六回1死一、二塁のピンチも後続を打ち取って追加点を許さない。七回を投げ終えたところでリリーフ陣にマウンドを託した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る