復帰後連勝のダル 肘痛再発防止は“速球の割合”がカギ握る

公開日:  更新日:

 右肘手術から復活を果たしたレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が3日(日本時間4日)のマリナーズ戦に先発。5回2/3を投げ、6安打3失点1四球5奪三振の内容で、復帰後2連勝を飾った。

 首脳陣の判断で投球数は前回の85球から増えて95球が目安になるはずだったが、実際投げたのは88球だった。レンジャーズではチームの方針から、肘にメスを入れた投手は復帰後しばらくは先発投手の交代の目安である100球を投げさせない。患部の負担を減らし、再発を防ぐためだ。

 これまで肘の靱帯を痛める原因は投手によってさまざまとされてきたが、ここに来て新たな事実が判明した。

 米国のロバート・ケラー医学博士(肘、肩)を中心とした専門チームが発表した論文によれば、トミー・ジョン(腱の再建)手術を受けた83人の投手は、投球全体に占める直球の割合が平均46.8%。同手術を受けていない投手の39.7%と比べて、直球を数多く投げていることが分かった。同医師は「直球は腕を速く振るため、必要以上に肘に力が入り、それが靱帯を痛める原因と考えられる」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る