日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハム大谷3年ぶり死球も 広島ジョンソンお手本内角攻め

 この1球で目が覚めるか。

 日本ハムの大谷が8日の広島戦で、13年のルーキーイヤー以来となる3年ぶりの死球を食らった。初回、2ボールから広島先発のジョンソンが投げた3球目は、大谷の右脇腹へ一直線。148キロのシュートが二刀流選手に鈍い音を立ててぶつかると、グラウンドを転々と転がった。これには札幌ドームも騒然。

 栗山監督は目を見開き、「交代させた方がいいんじゃないか」と言わんばかりの表情を見せていた。

 3年ぶりという数字が示すように、パの投手陣は大谷に対して、どこか遠慮がちだった。内角の際どいコースを攻めず、投げるのは外角球がほとんど。それで打ち取れるならいいが、その外角球をバカスカとスタンドに放り込まれているのだから世話はない。

「パの投手陣には、同じ投手という仲間意識が強いのかもしれません。しかし、普段対戦しないセの投手陣はそこまで考えない。今季の交流戦でも、大谷が内角のボールを強引に引っ張る場面が何度かあった。この日のジョンソンも、内角を徹底的に突いた。2打席目は四球だったが、3打席目は内角をえぐるシュートでファウルを取り、チェンジアップで見逃し三振。外角に強い強打者を攻める、お手本のような投球でした」(セ球団スコアラー)

 普通に考えれば、3年ぶりの死球ということ自体が異常。ぶつけたジョンソンにしても、特別何かをやらかしたわけではない。

 おかしいのは自分たちだとパの投手陣が気付けば、大谷にカモにされるケースも減ると思うのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事