ハム新球場の“目玉”に 大谷メジャー挑戦時期への影響必至

公開日:  更新日:

「北海道にとっていい形を見つけたい」

 竹田球団社長がこう言った。

 24日、日本ハムが札幌ドームに代わる本拠地として計画中の新球場が開閉式屋根付きで、天然芝も視野に入れていることが明らかに。年間約13億円といわれる球場使用料が足かせになったようで、7年後となる23年の開場を目指すらしい。

 天然芝に開閉式の屋根付き球場といえば、いまやメジャーの主流。フロントのあり方も含めたチームづくりの手法が12球団で最もメジャーに近いといわれる日本ハムが、ハード面にも目を向けたということか。それによって影響を受けそうなのが大谷翔平(21)だ。

 プロ入り前からバリバリのメジャー志向。球団も将来のメジャー挑戦を容認することで入団にこぎつけた経緯があるだけに、早ければ3年後にも入札制度を利用するともっぱらだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る