• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハム新球場の“目玉”に 大谷メジャー挑戦時期への影響必至

「北海道にとっていい形を見つけたい」

 竹田球団社長がこう言った。

 24日、日本ハムが札幌ドームに代わる本拠地として計画中の新球場が開閉式屋根付きで、天然芝も視野に入れていることが明らかに。年間約13億円といわれる球場使用料が足かせになったようで、7年後となる23年の開場を目指すらしい。

 天然芝に開閉式の屋根付き球場といえば、いまやメジャーの主流。フロントのあり方も含めたチームづくりの手法が12球団で最もメジャーに近いといわれる日本ハムが、ハード面にも目を向けたということか。それによって影響を受けそうなのが大谷翔平(21)だ。

 プロ入り前からバリバリのメジャー志向。球団も将来のメジャー挑戦を容認することで入団にこぎつけた経緯があるだけに、早ければ3年後にも入札制度を利用するともっぱらだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る