ハム新球場の“目玉”に 大谷メジャー挑戦時期への影響必至

公開日:  更新日:

「北海道にとっていい形を見つけたい」

 竹田球団社長がこう言った。

 24日、日本ハムが札幌ドームに代わる本拠地として計画中の新球場が開閉式屋根付きで、天然芝も視野に入れていることが明らかに。年間約13億円といわれる球場使用料が足かせになったようで、7年後となる23年の開場を目指すらしい。

 天然芝に開閉式の屋根付き球場といえば、いまやメジャーの主流。フロントのあり方も含めたチームづくりの手法が12球団で最もメジャーに近いといわれる日本ハムが、ハード面にも目を向けたということか。それによって影響を受けそうなのが大谷翔平(21)だ。

 プロ入り前からバリバリのメジャー志向。球団も将来のメジャー挑戦を容認することで入団にこぎつけた経緯があるだけに、早ければ3年後にも入札制度を利用するともっぱらだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る