動かぬ巨人由伸監督 阿部に「送りバント」は“危険な兆候”

公開日: 更新日:

 巨人の主砲が4年ぶりの犠打をやった。

 7日の西武戦。1点を追う四回無死一、二塁で、5番の阿部慎之助(37)が西武先発菊池の初球を捕手前に転がした。難なく成功して1死二、三塁。続くクルーズの2点適時二塁打で、巨人は一時逆転に成功した。高橋由伸監督(41)は「なかなかチャンスはないかなと思ったので、チャンスを広げて何とかものにしようと、そういう(阿部に送りバント)選択をした」と自らのサインであることを明かしたが、その後、逆転されて連敗である。

 何もしない、は言い過ぎでも、ほとんど動かないのが「高橋監督流」だった。試合中の采配はもちろん、選手を二軍に落とす際も村田ヘッドコーチが通告。高橋監督は何も言わないという。原前監督時代も基本的にはヘッドコーチが伝えていたものの、ひと言言いたい時は、監督室に呼び出して伝えることがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る