由伸監督も限界 大コケ大砲ギャレに見切りで緊急補強浮上

公開日: 更新日:

 この日は守りでも足を引っ張った。

 22日の中日戦、1点ビハインドの六回に、巨人一塁手のギャレット・ジョーンズ(34)が併殺を狙って二塁へ悪送球。二塁走者の本塁生還を許すと、その後もバント処理で送球エラー。1イニング2失策のドタバタで、粘投を続けていた先発・高木を“KO”してしまった。

 ギャレットは「慌ててしまって送球が乱れた。自分でも残念だ」とうなだれ、村田ヘッドコーチは「痛い。しっかり守らんと」と苦言。一塁手としては12球団ダントツの6失策目。他球団には「バントは一塁手のギャレットに捕らせろ」との合言葉があるほどで、「巨人の穴」は大きくなるばかりなのだ。ある巨人の野手がこう言っている。

「いいヤツなんですよ。エラーすると必ずマウンド付近に小走りで行き、投手に『ソーリー』って謝っている。そんな外国人、あまりいない。だから言いにくいんですけど、投手からは不満の声が出ています。内野手はまずは守ってくれないと……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

もっと見る