由伸監督も限界 大コケ大砲ギャレに見切りで緊急補強浮上

公開日:  更新日:

 この日は守りでも足を引っ張った。

 22日の中日戦、1点ビハインドの六回に、巨人一塁手のギャレット・ジョーンズ(34)が併殺を狙って二塁へ悪送球。二塁走者の本塁生還を許すと、その後もバント処理で送球エラー。1イニング2失策のドタバタで、粘投を続けていた先発・高木を“KO”してしまった。

 ギャレットは「慌ててしまって送球が乱れた。自分でも残念だ」とうなだれ、村田ヘッドコーチは「痛い。しっかり守らんと」と苦言。一塁手としては12球団ダントツの6失策目。他球団には「バントは一塁手のギャレットに捕らせろ」との合言葉があるほどで、「巨人の穴」は大きくなるばかりなのだ。ある巨人の野手がこう言っている。

「いいヤツなんですよ。エラーすると必ずマウンド付近に小走りで行き、投手に『ソーリー』って謝っている。そんな外国人、あまりいない。だから言いにくいんですけど、投手からは不満の声が出ています。内野手はまずは守ってくれないと……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る