• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人打線は虎岩貞に3安打…菅野の“無援地獄”いつまで続く

 菅野智之(26)がまた見殺しにされた。

 27日の阪神戦。7回を自責ゼロの1失点に抑えながら、打線がシャットアウトされた。阪神先発の岩貞の前にわずか3安打。菅野の登板時はこれで2試合連続無得点という体たらくである。

 この日が今季10試合目の登板となった菅野の防御率は0.56で12球団トップ。にもかかわらず、4勝1敗と白星がついてこない。今季登板時の援護点は1試合平均2.7点。珍しく8点をもらった4月13日のヤクルト戦を除けば、平均でたった2点の援護しかない。さすがに、気の毒だ。

「しかも、今年だけの話じゃないですからね。昨年もリーグ2位の防御率1.91と抜群の安定感を見せながら、10勝11敗と打線に見殺しにされた。登板時の平均援護点は、2.6点。一昨年だって防御率2.33でタイトルを取りながら、勝ち星は12勝どまり。この年も平均3点の援護しかもらえず、8月と10月に右手中指、右ヒジの故障で離脱した。ゼロに抑えなければ勝てない、と知らず知らずに力んで投げ続けたことが故障の原因の一つじゃないかと言われました」(チーム関係者)

 0-1で敗れた巨人は07年以来の6連敗で5位に転落。高橋監督は「菅野にはずっと援護がないけど、頑張ってもらいたい」と話したが、このままではチームもエースも沈没してしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る