• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人打線は虎岩貞に3安打…菅野の“無援地獄”いつまで続く

 菅野智之(26)がまた見殺しにされた。

 27日の阪神戦。7回を自責ゼロの1失点に抑えながら、打線がシャットアウトされた。阪神先発の岩貞の前にわずか3安打。菅野の登板時はこれで2試合連続無得点という体たらくである。

 この日が今季10試合目の登板となった菅野の防御率は0.56で12球団トップ。にもかかわらず、4勝1敗と白星がついてこない。今季登板時の援護点は1試合平均2.7点。珍しく8点をもらった4月13日のヤクルト戦を除けば、平均でたった2点の援護しかない。さすがに、気の毒だ。

「しかも、今年だけの話じゃないですからね。昨年もリーグ2位の防御率1.91と抜群の安定感を見せながら、10勝11敗と打線に見殺しにされた。登板時の平均援護点は、2.6点。一昨年だって防御率2.33でタイトルを取りながら、勝ち星は12勝どまり。この年も平均3点の援護しかもらえず、8月と10月に右手中指、右ヒジの故障で離脱した。ゼロに抑えなければ勝てない、と知らず知らずに力んで投げ続けたことが故障の原因の一つじゃないかと言われました」(チーム関係者)

 0-1で敗れた巨人は07年以来の6連敗で5位に転落。高橋監督は「菅野にはずっと援護がないけど、頑張ってもらいたい」と話したが、このままではチームもエースも沈没してしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る