巨人打線は虎岩貞に3安打…菅野の“無援地獄”いつまで続く

公開日: 更新日:

 菅野智之(26)がまた見殺しにされた。

 27日の阪神戦。7回を自責ゼロの1失点に抑えながら、打線がシャットアウトされた。阪神先発の岩貞の前にわずか3安打。菅野の登板時はこれで2試合連続無得点という体たらくである。

 この日が今季10試合目の登板となった菅野の防御率は0.56で12球団トップ。にもかかわらず、4勝1敗と白星がついてこない。今季登板時の援護点は1試合平均2.7点。珍しく8点をもらった4月13日のヤクルト戦を除けば、平均でたった2点の援護しかない。さすがに、気の毒だ。

「しかも、今年だけの話じゃないですからね。昨年もリーグ2位の防御率1.91と抜群の安定感を見せながら、10勝11敗と打線に見殺しにされた。登板時の平均援護点は、2.6点。一昨年だって防御率2.33でタイトルを取りながら、勝ち星は12勝どまり。この年も平均3点の援護しかもらえず、8月と10月に右手中指、右ヒジの故障で離脱した。ゼロに抑えなければ勝てない、と知らず知らずに力んで投げ続けたことが故障の原因の一つじゃないかと言われました」(チーム関係者)

 0-1で敗れた巨人は07年以来の6連敗で5位に転落。高橋監督は「菅野にはずっと援護がないけど、頑張ってもらいたい」と話したが、このままではチームもエースも沈没してしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  6. 6

    参院選演説で連発 自民の“失言リバイバル”は舌禍より本音

  7. 7

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  8. 8

    【秋田】大物応援vs草の根選挙 イージス配備めぐり舌戦

  9. 9

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  10. 10

    “コントの神様”志村けんは「キッチリ準備」が仕事の流儀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る