メジャーV条件は若さ 全米女子プロ“10代OP対決”で証明

公開日: 更新日:

【全米女子プロ選手権】

 18歳のB・ヘンダーソン(カナダ)とメジャー3連勝を狙う19歳のリディア・コ(ニュージーランド)が通算6アンダーで並びプレーオフに突入した今大会。どちらが勝っても大会史上最年少優勝という10代による激戦になった。

 18番パー4で行われたプレーオフ1ホール目はコが残り175ヤードの2打目をピン上5メートルにつけて2パットパー。それに対し、ヘンダーソンは155ヤードを1メートル足らずに寄せてバーディー。1ホール目で勝負がついた。勝因はグリーン上だった。11番パー5では花道から30メートルをパターで放り込み、イーグル。17番パー3はピン左15メートルのバーディーパットを沈めて6アンダーまで伸ばし、首位のコをとらえると、18番では4メートルのシビアなパーパットを決めた。この日はボギーなしの1イーグル、4バーディーだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  6. 6

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  7. 7

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  8. 8

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  9. 9

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  10. 10

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

もっと見る