「切迫感がない」 日本人プロはなぜスゴみを失ったのか

公開日: 更新日:

 先週の女子大会でタイ人のP・チュティチャイ(30=タイ)が、日本ツアー参戦5年目で初優勝を飾った。

 昨季までは2014年の「ほけんの窓口」の9位が最高で、昨季の獲得賞金は約398万円。過去4年間の賞金を平均しても、約456万円しか稼いでいない。異国の地での慣れない生活に加え、遠征費やトレーニング代などを考えれば、決して楽な暮らしではないはずだ。2年前から茨城の親戚宅に身を寄せながら、全国を転戦していた。

 それでも本人は「何があっても、どんなことがあっても、ゴルフをやめようとは思いません。それが自分の強さだと思います。どんなことがあっても、負けない気持ちがあります」と、キッパリ。

 上田桃子(29)との初のプレーオフにも動じることなく、落ち着いてウイニングパットを決めるなど、ハートの強さが伝わってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る