初昇格中谷が初安打 阪神超変革に“掛布イズム”ジワリ浸透

公開日:  更新日:

「掛布二軍監督の存在が大きい」

 阪神のチーム周辺からはこんな声が増えている。15日、前日に一軍に昇格し「7番中堅」でスタメン出場を果たした6年目の中谷(23)が今季初安打を放った。

 昨年までの阪神は、若手が一軍に昇格しても、結果を残せずに二軍にトンボ返りするケースが多かった。だが、「超変革」をスローガンに掲げる今季はひと味違う。二軍で鍛えられた若手が一軍に昇格してすぐに結果を出す。金本監督が積極的かつ粘り強く若手を起用していることもあるが、二軍の掛布監督(61)の育成手腕を評価する声が多い。

 前述した中谷は二軍で43試合に出場し、打率.276、5本塁打、21打点。育成から支配下登録されてブレークしている原口(24)は、二軍で打率.298。成長株の横田(21)は打席数こそ少ないが打率.309、陽川(24)に至っては114打数42安打の打率.368、6本塁打、30打点をマークしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る