日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初昇格中谷が初安打 阪神超変革に“掛布イズム”ジワリ浸透

「掛布二軍監督の存在が大きい」

 阪神のチーム周辺からはこんな声が増えている。15日、前日に一軍に昇格し「7番中堅」でスタメン出場を果たした6年目の中谷(23)が今季初安打を放った。

 昨年までの阪神は、若手が一軍に昇格しても、結果を残せずに二軍にトンボ返りするケースが多かった。だが、「超変革」をスローガンに掲げる今季はひと味違う。二軍で鍛えられた若手が一軍に昇格してすぐに結果を出す。金本監督が積極的かつ粘り強く若手を起用していることもあるが、二軍の掛布監督(61)の育成手腕を評価する声が多い。

 前述した中谷は二軍で43試合に出場し、打率.276、5本塁打、21打点。育成から支配下登録されてブレークしている原口(24)は、二軍で打率.298。成長株の横田(21)は打席数こそ少ないが打率.309、陽川(24)に至っては114打数42安打の打率.368、6本塁打、30打点をマークしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事