日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“超変革”苦戦の金本阪神 今季は4位で上出来のジンクス

 交流戦も元気がなく11位に沈んでいる阪神は13日、コーディ・サターホワイト投手(29=エンゼルス)の獲得を発表した。

 契約は1年で、年俸は30万ドル(約3200万円)。

 ここにきての助っ人右腕獲得は救援陣の補強のためだが、現在の貧打(打率.244はリーグ5位)では上位浮上は厳しい。

 その一方で「今年は4位でいい」という声がある。阪神の新監督は、1年目に4位で終わると縁起がいいからだ。

 02年の星野監督も04年の岡田監督も1年目は4位で終わり、翌年は優勝。真弓監督も1年目の09年はヤクルトとの最終戦に負けて4位だったから、これは3人連続で2年目に優勝と思えば、本当に翌年はシーズン終盤まで中日、巨人と優勝争い、最後は中日に1ゲーム差の2位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事