電鉄会長「タイガース未来永劫」で金本監督にかかる重圧

公開日: 更新日:

「阪神タイガースの名前はおそらく、未来永劫変わることはないと思います」

 14日に行われた阪急阪神HDの株主総会で、阪急電鉄の角和夫会長(67)がこう言った。

 06年に阪急と阪神が合併してから10年。合併の際に、「10年間は阪神タイガースでいく」との誓約書が交わされたこともあり、タイガースのハッピを着た株主からは「球団名は変えないで」との要望が出た。阪神タイガースの「祖父会社」の経営トップの発言は、これに回答したものだ。

「阪急は過去にブレーブスで球団運営に失敗している。加えて、角会長とタイガースのオーナーである阪神の坂井会長との間でビジネスパートナーとして信頼関係があることも、阪急が阪神に口を出さない理由といわれています」(経済誌記者)

 だが、角会長が「おそらく」と前置きしたように、球団名は変わらなくても今後、球団運営に阪急が関わる可能性はゼロではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る