広島の劇的勝利に水 コリジョンルールが野球の醍醐味奪う

公開日: 更新日:

 なんとも間の抜けた幕切れになった。

 14日の西武戦。同点で迎えた九回2死一、二塁で広島の赤松が中前にヒットを放った。快足を飛ばして本塁を狙った二塁走者の菊池がスライディングしながら捕手のタッチをかいくぐり、最後は体を反転させて右手でホームベースに触れた。

 劇的なサヨナラ勝ち――と沸きに沸くマツダスタジアムのスタンドはしかし、すぐにため息に包まれた。球審が「アウト!」の判定。締まらないのは、ここからである。緒方監督が「セーフだろ!」とベンチを飛び出して抗議すると、審判団が長いビデオ判定に入ったのだ。

 約10分も試合が中断した後、マイクを握った責任審判が今季から導入されたコリジョンルールを「適用します」と宣言。西武捕手の上本が菊池の走路をふさいだと判断して、広島のサヨナラ勝ちが決まったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る