日米大学野球メンバー東大・宮台 4人の先発要員入りの怪

公開日: 更新日:

 東大では33年ぶりの日本代表と、スポーツマスコミが騒いでいる。

 日米大学野球(7月12日開幕)の代表メンバー24人に選ばれた左腕・宮台康平(3年)に関してだ。

 代表を率いる横井人輝監督(東海大)も、「宮台は球速も含め、米国相手に先発として十分、ゲームをつくれる」とベタボメ。柳(明大)、佐々木(桜美林大)、浜口(神奈川大)に、この宮台を加えた4人が先発候補だと明言した。

 しかし、代表選考合宿をチェックした在京球団のあるスカウトは、「宮台は145キロを超す速球を投げるし、将来性はある。連投がきかないのは鍛えられていないからで、体力がつけばいま以上の投手になる可能性はある。ただ、国際試合で米国相手ということを考えれば、より通用しそうな左腕がいたと思いますけどね」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る