• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大学野球の常識覆した 中京学院大は“バイト推奨”で全国V

 全日本大学野球選手権は12日、初出場の中京学院大(東海地区=岐阜)が中央学院大(千葉県)を破って優勝した。初出場での優勝は93年の青学大以来。「信じられない」と喜んだ近藤正監督(67)は選手たちに「おめでとうございます」と言って笑いを誘った。OBには広島の二塁手・菊池がいる。近藤監督はかつて、育成法をこう語ったことがある。

「高校までは堅実なプレーを指導されますが、大学ではランニングスローやジャンピングスローなど、菊池が今までやりたかったプレーを自由にやらせました。早く投げられるのであれば、そっちの方がいいわけです。菊池は頭ごなしに言うよりも自分で考えてやる方がいいタイプ。せっかく能力があるので、野球が嫌いにならないようにと自主性を重んじました」

 これこそが「指導方針」だ。モットーは「エンジョイベースボール」。ドラフト1位候補の吉川は準々決勝で快勝した強豪の亜大に進学が決まっていたが、行かなかった特殊な例。中京学院大関係者によれば、部員136人のほとんどは「強豪高校なら背番号2ケタの3番手、4番手クラス。その他は東海地区を中心に県大会3回戦レベルの高校出身で、大学でも硬式野球を続けたい選手が集まっている」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る