速球派なのに奪三振少なく…ドラ1候補横浜・藤平の“欠点”

公開日:  更新日:

 試合には敗れたとはいえ、25日の関東大会決勝で3連投、3回を1安打無失点に抑えたのが横浜(神奈川)の右腕・藤平尚真だ。

「肩、肘を鍛えるトレーニングをしてきたので、長いイニングを投げたり、連投したりする力はついてきたと思う」

 試合後、こう言った藤平は、150キロを超すストレートが武器。西の左腕・寺島成輝(履正社)と並ぶ今秋ドラフトの1位候補らしいが、

「あれだけの球速がありながら、高校生に結構当てられている。空振りが少ないのが気になる」とネット裏のあるスカウトがこう続ける。

「プロで活躍するような投手は、投げるボールに角度がある。左右や高低のね。これは身長に関係ありません。投げるときの肘の位置や体の開き具合によって、ボールに角度がつくのです。角度がある投手は、打者から見てタイミングが取りづらく、打ちづらい。藤平はボールに角度がないから、球速があってもなかなか空振りが取れないのでしょう。この欠点はプロに入っても、矯正できないケースが多い」

 ちなみに「同じ横浜の左腕・石川や、東海大市原望洋の右腕・島はストレートに角度がある」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る