速球派なのに奪三振少なく…ドラ1候補横浜・藤平の“欠点”

公開日: 更新日:

 試合には敗れたとはいえ、25日の関東大会決勝で3連投、3回を1安打無失点に抑えたのが横浜(神奈川)の右腕・藤平尚真だ。

「肩、肘を鍛えるトレーニングをしてきたので、長いイニングを投げたり、連投したりする力はついてきたと思う」

 試合後、こう言った藤平は、150キロを超すストレートが武器。西の左腕・寺島成輝(履正社)と並ぶ今秋ドラフトの1位候補らしいが、

「あれだけの球速がありながら、高校生に結構当てられている。空振りが少ないのが気になる」とネット裏のあるスカウトがこう続ける。

「プロで活躍するような投手は、投げるボールに角度がある。左右や高低のね。これは身長に関係ありません。投げるときの肘の位置や体の開き具合によって、ボールに角度がつくのです。角度がある投手は、打者から見てタイミングが取りづらく、打ちづらい。藤平はボールに角度がないから、球速があってもなかなか空振りが取れないのでしょう。この欠点はプロに入っても、矯正できないケースが多い」

 ちなみに「同じ横浜の左腕・石川や、東海大市原望洋の右腕・島はストレートに角度がある」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る