速球派なのに奪三振少なく…ドラ1候補横浜・藤平の“欠点”

公開日:  更新日:

 試合には敗れたとはいえ、25日の関東大会決勝で3連投、3回を1安打無失点に抑えたのが横浜(神奈川)の右腕・藤平尚真だ。

「肩、肘を鍛えるトレーニングをしてきたので、長いイニングを投げたり、連投したりする力はついてきたと思う」

 試合後、こう言った藤平は、150キロを超すストレートが武器。西の左腕・寺島成輝(履正社)と並ぶ今秋ドラフトの1位候補らしいが、

「あれだけの球速がありながら、高校生に結構当てられている。空振りが少ないのが気になる」とネット裏のあるスカウトがこう続ける。

「プロで活躍するような投手は、投げるボールに角度がある。左右や高低のね。これは身長に関係ありません。投げるときの肘の位置や体の開き具合によって、ボールに角度がつくのです。角度がある投手は、打者から見てタイミングが取りづらく、打ちづらい。藤平はボールに角度がないから、球速があってもなかなか空振りが取れないのでしょう。この欠点はプロに入っても、矯正できないケースが多い」

 ちなみに「同じ横浜の左腕・石川や、東海大市原望洋の右腕・島はストレートに角度がある」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る