決勝6号の阪神・原口 3時間睡眠“練習の鬼”だった高校時代

公開日:  更新日:

「正直入るか微妙だったが、ファンの声援と風のおかげで入った。いつもと変わらず、自分のスイングをしようと思った」

 阪神の原口文仁(24)が20日のオリックス戦で、決勝の6号2ランを放ち、お立ち台で笑顔を見せた。金本監督は「チャンスで若い選手が打てずに点が入らない中で、よく打ってくれた」と評価した。

 帝京高から09年ドラフト6位で阪神に入団。3年時には夏の甲子園でベスト8入りし、強肩強打がウリだったが、腰のケガもあり、プロ3年目のオフに育成選手に降格した。粘り強いリハビリと猛練習で今季、再び支配下選手となり、正捕手を奪うべく奮闘する金本チルドレンの一番星。規定打席には到達していないが、打率.344をマーク。球宴の中間発表ではセの捕手部門で1位をキープしている。

 そんな原口は高校時代から練習の鬼だった。原口の地元は群馬県に程近い埼玉県大里郡寄居町。そこからプロ野球選手を夢見て、東京の強豪校である帝京高へ進学した。寮がないため、片道2時間の道のりを電車で通った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る