• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

決勝6号の阪神・原口 3時間睡眠“練習の鬼”だった高校時代

「正直入るか微妙だったが、ファンの声援と風のおかげで入った。いつもと変わらず、自分のスイングをしようと思った」

 阪神の原口文仁(24)が20日のオリックス戦で、決勝の6号2ランを放ち、お立ち台で笑顔を見せた。金本監督は「チャンスで若い選手が打てずに点が入らない中で、よく打ってくれた」と評価した。

 帝京高から09年ドラフト6位で阪神に入団。3年時には夏の甲子園でベスト8入りし、強肩強打がウリだったが、腰のケガもあり、プロ3年目のオフに育成選手に降格した。粘り強いリハビリと猛練習で今季、再び支配下選手となり、正捕手を奪うべく奮闘する金本チルドレンの一番星。規定打席には到達していないが、打率.344をマーク。球宴の中間発表ではセの捕手部門で1位をキープしている。

 そんな原口は高校時代から練習の鬼だった。原口の地元は群馬県に程近い埼玉県大里郡寄居町。そこからプロ野球選手を夢見て、東京の強豪校である帝京高へ進学した。寮がないため、片道2時間の道のりを電車で通った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る