敵はすでに白旗? ハム大谷が日本でモチベーション失う日

公開日:  更新日:

「1番、ピッチャー大谷」

 スターティングメンバーを告げるアナウンスが流れた瞬間、ヤフオクドームは何とも言えないどよめきに包まれた。

 3日のソフトバンク戦で、日本ハムの大谷翔平(21)がプロ野球では前代未聞となる「1番・投手」として出場した。

 さらに観客、両軍ベンチの度肝を抜いたのはプレーボール直後、初回の第1打席だった。先発中田の初球を振り抜くと、打球はアーチを描いて右翼スタンドへ。先頭打者弾で今季10号を飾った。

 その後は大谷の独壇場。投げては8回5安打無失点、10奪三振。打者としても2打数1安打1打点、敬遠を含む3四球と、投打でチームの10連勝に貢献した。

 ヒーローインタビューでは、「(本塁打は)真っすぐを思い切りいこうとしてたんですが、変化球が抜けてきたんで……。(1番打者は)凄くビックリしました」と話した大谷。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る