• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フェンシング見延は“太田超え”がリオのモチベーション

 リオ五輪でメダル取りが有力視されるフェンシング・エペ(種目の一つ)代表の見延和靖(28)が虎視眈々とエースの座を狙っている。

 14日は母校である法政大学の壮行会に出席。同校OBの女子重量挙げ48キロ級の三宅宏美(30)らとともに職員、学生からのエールを受けた。

 見延は昨年11月のW杯エストニア大会で、主要国際大会の男子エペとして日本人初の金メダルを獲得。最新の世界ランキングは10位と、五輪で表彰台を狙える位置につけている。

 端正な顔立ちでファッション雑誌などにも取り上げられたが、日本ではマイナー競技だけに世間での知名度はイマイチ。街なかを歩いても気付かれることは、まずないという。そのためリオでの最大のモチベーションは“太田超え”だ。

 北京五輪個人銀、ロンドン五輪団体銀(いずれもフルーレ)の2つのメダルを獲得した太田雄貴(30)に次ぐ、個人でのメダル取りで、「フェンシングといえば見延」と、世間に知られる存在を目指しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る