米では学生プロがリオ切符 日本の大学スポーツ何が弊害か

公開日:  更新日:

 五輪でのメダル取りやプロアスリートとして大成したければ大学の体育会は避けた方がよさそうだ。

 4日(日本時間5日)に閉幕した米国の陸上リオ五輪選考会で大学の陸上部を離れた男子100メートルのトレイボン・ブロメル(20=9秒84)、男子800メートルのボリス・ベリアン(21=1分44秒92)が揃って出場を決めた。

 ブロメルはベイラー大の陸上部に所属したが、昨年10月にプロに転向。現在は大学に籍を置きながらプロとして賞金レースに出場している。

 一方のベリアンはアダムス州立大学(コロラド州)を中退し、大手ファストフードチェーンで働きながら、スポーツ用品メーカーが運営するクラブで腕を磨いた。

 2人は才能に恵まれているとはいえ、大学のレースにとどまらず、早い時期から海外の賞金レースでトップランナーと競ってきたことが今回の五輪出場につながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る