米では学生プロがリオ切符 日本の大学スポーツ何が弊害か

公開日: 更新日:

 五輪でのメダル取りやプロアスリートとして大成したければ大学の体育会は避けた方がよさそうだ。

 4日(日本時間5日)に閉幕した米国の陸上リオ五輪選考会で大学の陸上部を離れた男子100メートルのトレイボン・ブロメル(20=9秒84)、男子800メートルのボリス・ベリアン(21=1分44秒92)が揃って出場を決めた。

 ブロメルはベイラー大の陸上部に所属したが、昨年10月にプロに転向。現在は大学に籍を置きながらプロとして賞金レースに出場している。

 一方のベリアンはアダムス州立大学(コロラド州)を中退し、大手ファストフードチェーンで働きながら、スポーツ用品メーカーが運営するクラブで腕を磨いた。

 2人は才能に恵まれているとはいえ、大学のレースにとどまらず、早い時期から海外の賞金レースでトップランナーと競ってきたことが今回の五輪出場につながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  6. 6

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  7. 7

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  8. 8

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  9. 9

    安全保障を損得勘定でしか考えられない低知能の似た者同士

  10. 10

    AKB48“最後の1期生”峯岸みなみは芸能界で生き残れるのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る