• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米では学生プロがリオ切符 日本の大学スポーツ何が弊害か

 五輪でのメダル取りやプロアスリートとして大成したければ大学の体育会は避けた方がよさそうだ。

 4日(日本時間5日)に閉幕した米国の陸上リオ五輪選考会で大学の陸上部を離れた男子100メートルのトレイボン・ブロメル(20=9秒84)、男子800メートルのボリス・ベリアン(21=1分44秒92)が揃って出場を決めた。

 ブロメルはベイラー大の陸上部に所属したが、昨年10月にプロに転向。現在は大学に籍を置きながらプロとして賞金レースに出場している。

 一方のベリアンはアダムス州立大学(コロラド州)を中退し、大手ファストフードチェーンで働きながら、スポーツ用品メーカーが運営するクラブで腕を磨いた。

 2人は才能に恵まれているとはいえ、大学のレースにとどまらず、早い時期から海外の賞金レースでトップランナーと競ってきたことが今回の五輪出場につながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る