リオ男子柔道81キロ級 永瀬に恩師の金言「五輪は無心で」

公開日: 更新日:

「小さい頃から憧れていた五輪で一番輝くメダルを取ります」

 昨年の世界選手権(カザフスタン・アスタナ)覇者で男子柔道81キロ級の永瀬貴規(22)が母校筑波大の壮行会に出席。集まった同校職員や地元中学生らを前にリオでの金メダル取りを誓った。

 柔道に限ったことではないにしろ、世界選手権を制した選手が五輪でメダルを逃すケースは少なくない。同階級では日本勢で初めて表彰台の真ん中に立った永瀬にもジンクスは付きまとう。

 バルセロナ五輪86キロ級銅メダルで同大柔道部の岡田弘隆総監督(49)は「五輪での勝敗を左右するのは心技体のうち『心』です」と教え子に助言を送る。現役時代、世界選手権(87、91年)を2度制しながら、いずれも翌年の五輪では金メダルを逃した経験から、岡田総監督は「周囲から期待されると自分の実力以上のものを出そうと力んでしまう。よく見せようとする邪心が力を発揮できなくするのです。五輪では無心で戦うべきです」と話す。

 五輪は自分自身との戦いでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る