リオ男子柔道81キロ級 永瀬に恩師の金言「五輪は無心で」

公開日:  更新日:

「小さい頃から憧れていた五輪で一番輝くメダルを取ります」

 昨年の世界選手権(カザフスタン・アスタナ)覇者で男子柔道81キロ級の永瀬貴規(22)が母校筑波大の壮行会に出席。集まった同校職員や地元中学生らを前にリオでの金メダル取りを誓った。

 柔道に限ったことではないにしろ、世界選手権を制した選手が五輪でメダルを逃すケースは少なくない。同階級では日本勢で初めて表彰台の真ん中に立った永瀬にもジンクスは付きまとう。

 バルセロナ五輪86キロ級銅メダルで同大柔道部の岡田弘隆総監督(49)は「五輪での勝敗を左右するのは心技体のうち『心』です」と教え子に助言を送る。現役時代、世界選手権(87、91年)を2度制しながら、いずれも翌年の五輪では金メダルを逃した経験から、岡田総監督は「周囲から期待されると自分の実力以上のものを出そうと力んでしまう。よく見せようとする邪心が力を発揮できなくするのです。五輪では無心で戦うべきです」と話す。

 五輪は自分自身との戦いでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る