プレ五輪では体調不良続出 日本選手団の敵は“リオの食事”

公開日: 更新日:

「本番前に体調不良を訴える選手が続出しかねない」――。

 リオ五輪開幕まで1カ月を切り、ある競技団体の関係者から、こんな声が聞こえてきた。

 現地の治安の悪さ、ジカ熱への脅威が叫ばれているが、選手を危険にさらすのは、それだけではない。ブラジル国内での食事にも細心の注意を払う必要があるのだ。

 日本の競技団体の多くは、遅くとも開幕1週間前にはブラジルに入り、時差調整を兼ねた事前合宿を行う。多くは練習施設が整い、交通の便がいいサンパウロで最後の追い込みを行うが、大会期間中とは異なり、事前合宿は国際オリンピック委員会(IOC)の管轄外だ。選手村では心配する必要のない食事面が、直前合宿では問題になる可能性があるという。

 現地の食事が日本人の口に合わないだけではなく、怖いのが食中毒。実際、昨年から今年にかけて行われた各競技のプレ五輪では下痢や吐き気などの食あたりとみられる症状を訴えた選手が少なからずいた。宿舎のホテルで取ったサンドイッチなどの軽食にあたったケースもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  10. 10

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

もっと見る