• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

由伸監督は周到…Gマイコラスはセ2位死守の“秘密兵器”

 巨人のマイルズ・マイコラス(27)がやっと勝った。24日のDeNA戦に先発し、7回を2安打1失点。肩痛から復帰して5試合目の登板にして今季初勝利を挙げ、「もう少し早く勝てれば良かったんだけど……」と頭をかいた。

 DeNAに連敗していた巨人は、この日も敗れれば再び借金生活になるところだった。高橋監督は「ずっと内容は良かったし、しっかりゲームをつくってくれた」とニッコリ笑った。

 エースの菅野はこれから広島戦に優先的に投入される。昨季13勝3敗のマイコラスも首位追撃の切り札かと思いきや、こっちは「2位死守の切り札ですよ」とさるチーム関係者がこう言った。

「マイコラスは来日1年目の昨年、DeNA相手に3勝負けなし、防御率0.81のキラーだった。一方で広島は1勝2敗、同4.32と苦手。今季は5試合中3試合がDeNA戦だから、由伸監督はハナからそれを期待している。26日から首位広島との3連戦があるというのに、わざわざ間隔を詰めてこの日のカードのDeNA戦に投入したことでもそれが分かる。結果として3タテされるのを阻止した。広島追撃には期待できなくても、2位を争うDeNA戦は計算できる。狙い通りでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る