由伸監督は周到…Gマイコラスはセ2位死守の“秘密兵器”

公開日:  更新日:

 巨人のマイルズ・マイコラス(27)がやっと勝った。24日のDeNA戦に先発し、7回を2安打1失点。肩痛から復帰して5試合目の登板にして今季初勝利を挙げ、「もう少し早く勝てれば良かったんだけど……」と頭をかいた。

 DeNAに連敗していた巨人は、この日も敗れれば再び借金生活になるところだった。高橋監督は「ずっと内容は良かったし、しっかりゲームをつくってくれた」とニッコリ笑った。

 エースの菅野はこれから広島戦に優先的に投入される。昨季13勝3敗のマイコラスも首位追撃の切り札かと思いきや、こっちは「2位死守の切り札ですよ」とさるチーム関係者がこう言った。

「マイコラスは来日1年目の昨年、DeNA相手に3勝負けなし、防御率0.81のキラーだった。一方で広島は1勝2敗、同4.32と苦手。今季は5試合中3試合がDeNA戦だから、由伸監督はハナからそれを期待している。26日から首位広島との3連戦があるというのに、わざわざ間隔を詰めてこの日のカードのDeNA戦に投入したことでもそれが分かる。結果として3タテされるのを阻止した。広島追撃には期待できなくても、2位を争うDeNA戦は計算できる。狙い通りでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る