貧打に加え投壊不安…巨人“バクチ狂い4投手”の穴埋まらず

公開日:  更新日:

 元巨人投手の初公判が11日、東京地裁で行われた。野球賭博事件で、賭博開帳図利幇助と常習賭博の罪に問われた元選手の笠原将生被告(25)と、胴元役だったとして賭博開帳図利罪に問われた元飲食店経営者の斉藤聡被告(38)は「間違いありません」と賭博への関与を認めた。

 検察側が冒頭陳述で「チーム内でトランプを使った賭け事をしており、野球賭博に抵抗感がなかった。これまでに計1575万円を賭けた」と笠原被告の供述内容を記録した調書を読み上げるなど、改めてバクチにどっぷりと漬かっていた実態が明らかにされた。

 その笠原に開幕前から振り回された巨人は、12日から広島に乗り込んで首位攻防2連戦。といっても10ゲームの大差をつけられての2位である。巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言う。

「野球は投手というように、昨年までの巨人は打てなくても投手陣がしっかりしていたから毎年のように優勝争いに絡めた。それが今年は菅野以外の先発、リリーフ陣も不安定。球団は昨秋のドラフトで即戦力投手の桜井を1位指名したり、外国人補強やトレードを行ってきたが、どれも成果が表れていない。今となっては、賭博で解雇された3投手と謹慎処分の高木の穴が埋まっていないと感じます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る