ベイに3回5失点KO…巨人マイコラス“破格待遇”の不安的中

公開日: 更新日:

 乱打戦を制してDeNAに3タテを食らわし、試合後の高橋由伸監督は珍しく相好を崩した。

「今年に入って初めてと言ったら言い過ぎかもしれないですけど、打線がカバーした試合でした。(決勝の3点適時打を放った代打の)相川がホントにいいところで、いいバッティングをしてくれた。ただ、そこまでもっていった全員の力。リリーフ陣も途中からきっちり抑えてくれました」

 打線は17試合ぶりとなる2ケタ得点、五回以降を無失点に抑えたリリーフ陣も確かにいい仕事をした。が、それで帳消しにならないのが、先発・マイコラス(27)の乱調だ。春のキャンプで右肩の変調を訴えたこの助っ人右腕は、先月25日にようやく一軍復帰登板を果たして、この日が今季3度目の登板。他球団スコアラーがこう言った。

「今の状態じゃ、ちょっと使えないでしょ。13勝を挙げた昨年とはまるで別人です。150キロ超の直球もさることながら、ボールに角度があり、カーブに落差があって、打者の目線がどうしても上に向いて、それが厄介だった。それが、肩をかばっているのか、右ヒジが下がったフォームになって持ち味の角度とカーブの落差、キレがなくなってしまった。スピードも直球の平均は140キロ台前半まで落ちています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  6. 6

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  7. 7

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る