ベイに3回5失点KO…巨人マイコラス“破格待遇”の不安的中

公開日:  更新日:

 乱打戦を制してDeNAに3タテを食らわし、試合後の高橋由伸監督は珍しく相好を崩した。

「今年に入って初めてと言ったら言い過ぎかもしれないですけど、打線がカバーした試合でした。(決勝の3点適時打を放った代打の)相川がホントにいいところで、いいバッティングをしてくれた。ただ、そこまでもっていった全員の力。リリーフ陣も途中からきっちり抑えてくれました」

 打線は17試合ぶりとなる2ケタ得点、五回以降を無失点に抑えたリリーフ陣も確かにいい仕事をした。が、それで帳消しにならないのが、先発・マイコラス(27)の乱調だ。春のキャンプで右肩の変調を訴えたこの助っ人右腕は、先月25日にようやく一軍復帰登板を果たして、この日が今季3度目の登板。他球団スコアラーがこう言った。

「今の状態じゃ、ちょっと使えないでしょ。13勝を挙げた昨年とはまるで別人です。150キロ超の直球もさることながら、ボールに角度があり、カーブに落差があって、打者の目線がどうしても上に向いて、それが厄介だった。それが、肩をかばっているのか、右ヒジが下がったフォームになって持ち味の角度とカーブの落差、キレがなくなってしまった。スピードも直球の平均は140キロ台前半まで落ちています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る