初一軍の巨人戦で猛打賞 中日・近藤“鮮烈デビュー”のDNA

公開日:  更新日:

 こういう巡り合わせも面白い。一軍デビューとなった2日の巨人戦で3安打2打点と活躍した中日の近藤弘基(23)のことである。

「思い切って振っていこうと思った結果が安打につながった」

 7月に育成選手から支配下登録されたこの2年目外野手は、近藤真市一軍投手コーチ(47)の長男。近藤コーチと言えばそう、高卒1年目のプロ初登板で巨人相手に達成したノーヒットノーランがいまだ語り草だ。

 デビュー戦での快挙はもちろん、後にも先にもこの人だけ。その近藤コーチの長男が、同じ8月に同じ巨人戦で初出場を果たし、鮮烈な結果を残したのだから、「2番・左翼」のスタメンに抜擢した谷繁監督はもちろん、「これもDNAなのかな」とチーム関係者もビックリだった。

 とはいえ、この日の中日投手陣は計6投手で7失点。投手コーチとしては笑っていられぬ試合になったが、息子の弘基が安打を打つたび、ベンチの親父には笑顔が浮かんでいた。5位に沈むチームは3連敗で今季最多の借金13。先発して4回4失点KOされた若松の二軍落ちが決まった。

「普通に投げれば抑えられると思っているんじゃないか。このままだったら同じことの繰り返し」

 と、若松にオカンムリの谷繁監督。投壊は深刻で、近藤コーチが息子の活躍に目を細めていられるのもこの日限りとなりそうである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る