摂津は4カ月も2軍調整 他球団羨むソフトBの徹底体調管理

公開日:  更新日:

 3日の西武戦で4カ月ぶりの1軍復帰を果たす、ソフトバンクの摂津(34)。今季は3試合で0勝2敗、防御率9.42。7失点した4月7日のロッテ戦を最後に、登録を抹消されていた。2軍で6勝負けなし、防御率1.87と好投を続けての昇格となった。

 夏場の暑い時期にエースの復帰は頼もしい限り。それにしても、ソフトバンクは次から次に2軍から選手が上がってくる。もちろん、豊富な戦力あってのことだが、理由はそれだけではない。

 球団OBは「球団が一番恐れているのがケガです」と、こう続ける。

「無理をさせてケガでもしようものなら、球団も現場も選手も、誰も得をしない。しかも、程度によっては年単位の離脱というケースもあり得る。だから、近年のソフトバンクは徹底的に選手の体調を管理している。『疲労がたまってきた。そろそろ危ないぞ』と見た選手は、躊躇せずに2軍に落とす方針を取っている。2軍で鍛えられた選手が代役として昇格し、その間に抹消された主力は、じっくりと筑後のファーム施設で調整をする。これは内川だろうが柳田だろうが、変わりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る