今季6冠狙うヤクルト山田の敵はカープ新井かベイ筒香か

公開日: 更新日:

 こっちの争いもおもしろくなってきた。

 首位を独走する広島は、26日からの巨人戦に連勝すれば、27日には早々と優勝マジック38が点灯する。

 その広島で絶好調なのが新井だ。阪神時代はファンからブーイングを浴びていた打撃も、古巣に復帰して2年目の今季は、打率.328、打点71はトップのヤクルト山田(.348、74点)に次いで2位。11年の打点王以来となるタイトルを狙える位置にいる。

 広島は23日の阪神戦で黒田が日米通算200勝を達成。新井が打撃2冠をとれば、25年ぶりの優勝に大きな花を添えられるわけだが、盗塁18の田中に、115安打の菊池もリーグトップの山田(23盗塁、119安打)を追い抜くのは難しい話ではない。今後広島投手は「ヤクルト戦になったら山田だけには打たれるな。走られるな」というのが合言葉になるはずだ。

 ちなみに、もっかの山田は、本塁打、出塁率でもトップを走るが、28本塁打のDeNA筒香にも1本差に迫られている。昨年はトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁以上)を達成し、セの話題を独占した山田。今年は敵が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る