今季6冠狙うヤクルト山田の敵はカープ新井かベイ筒香か

公開日: 更新日:

 こっちの争いもおもしろくなってきた。

 首位を独走する広島は、26日からの巨人戦に連勝すれば、27日には早々と優勝マジック38が点灯する。

 その広島で絶好調なのが新井だ。阪神時代はファンからブーイングを浴びていた打撃も、古巣に復帰して2年目の今季は、打率.328、打点71はトップのヤクルト山田(.348、74点)に次いで2位。11年の打点王以来となるタイトルを狙える位置にいる。

 広島は23日の阪神戦で黒田が日米通算200勝を達成。新井が打撃2冠をとれば、25年ぶりの優勝に大きな花を添えられるわけだが、盗塁18の田中に、115安打の菊池もリーグトップの山田(23盗塁、119安打)を追い抜くのは難しい話ではない。今後広島投手は「ヤクルト戦になったら山田だけには打たれるな。走られるな」というのが合言葉になるはずだ。

 ちなみに、もっかの山田は、本塁打、出塁率でもトップを走るが、28本塁打のDeNA筒香にも1本差に迫られている。昨年はトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁以上)を達成し、セの話題を独占した山田。今年は敵が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る