今季6冠狙うヤクルト山田の敵はカープ新井かベイ筒香か

公開日:  更新日:

 こっちの争いもおもしろくなってきた。

 首位を独走する広島は、26日からの巨人戦に連勝すれば、27日には早々と優勝マジック38が点灯する。

 その広島で絶好調なのが新井だ。阪神時代はファンからブーイングを浴びていた打撃も、古巣に復帰して2年目の今季は、打率.328、打点71はトップのヤクルト山田(.348、74点)に次いで2位。11年の打点王以来となるタイトルを狙える位置にいる。

 広島は23日の阪神戦で黒田が日米通算200勝を達成。新井が打撃2冠をとれば、25年ぶりの優勝に大きな花を添えられるわけだが、盗塁18の田中に、115安打の菊池もリーグトップの山田(23盗塁、119安打)を追い抜くのは難しい話ではない。今後広島投手は「ヤクルト戦になったら山田だけには打たれるな。走られるな」というのが合言葉になるはずだ。

 ちなみに、もっかの山田は、本塁打、出塁率でもトップを走るが、28本塁打のDeNA筒香にも1本差に迫られている。昨年はトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁以上)を達成し、セの話題を独占した山田。今年は敵が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る