• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

偉業目前で観客急増も…イチローに“チーム勝負優先”の壁

 マーリンズのイチロー(42)は1日(日本時間2日)、シカゴで行われたカブス戦の7回に代打で登場し、三塁ライナーに倒れた。守備には就かず、3000安打まではあと2本のままだが、メジャー史上30人目となるイチローの3000安打がカネを生むのは間違いない。

 3000安打まであと3で迎えた7月28~31日の対カージナルス4連戦。本拠地のマーリンズパークには、客がわんさか入った。

 昨年は1試合平均2万1632人、今年は2万1837人なのに、28日からの3日間はいずれも2万5000人を超える観客が訪れた。中でも球団の公式ツイッターでイチローのスタメンを公表した29日は、平日にもかかわらず2万7414人が来場した。

 大記録は目前だ。どうせならイチローをスタメンで起用し続け、本拠地で偉業を達成させた方が盛り上がるに決まっているしビジネスになるが、4連戦のうちスタメンは1試合だけ。3000本まであと2本としたまま、マーリンズは次の遠征地のシカゴへ向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る