偉業目前で観客急増も…イチローに“チーム勝負優先”の壁

公開日:  更新日:

 マーリンズのイチロー(42)は1日(日本時間2日)、シカゴで行われたカブス戦の7回に代打で登場し、三塁ライナーに倒れた。守備には就かず、3000安打まではあと2本のままだが、メジャー史上30人目となるイチローの3000安打がカネを生むのは間違いない。

 3000安打まであと3で迎えた7月28~31日の対カージナルス4連戦。本拠地のマーリンズパークには、客がわんさか入った。

 昨年は1試合平均2万1632人、今年は2万1837人なのに、28日からの3日間はいずれも2万5000人を超える観客が訪れた。中でも球団の公式ツイッターでイチローのスタメンを公表した29日は、平日にもかかわらず2万7414人が来場した。

 大記録は目前だ。どうせならイチローをスタメンで起用し続け、本拠地で偉業を達成させた方が盛り上がるに決まっているしビジネスになるが、4連戦のうちスタメンは1試合だけ。3000本まであと2本としたまま、マーリンズは次の遠征地のシカゴへ向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る