日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パのライバルが日ハム大谷の早い「先発復帰」を願うワケ

「正直に言えば、今の起用の方がイヤです」

 こう話すのは、あるパ球団のスコアラーだ。

 日本ハムの大谷翔平(22)は7月10日のロッテ戦で潰した右手中指のマメの影響により、いまだ先発復帰のメドが立っていない。しかし、そこは球界唯一の二刀流選手だ。「3番DH」でスタメン出場した3日のロッテ戦では初回に先制タイムリー、九回にもダメ押しのソロを放つなど、6打数3安打3打点の活躍。もっか19試合連続出塁中で、打率.353、39打点、14本塁打だ。

 先発兼任時は日曜日に投げていたため、首脳陣が疲労を考慮し、金曜日と土曜日はスタメンを外れていた。つまり、週末に対戦するチームは先発する日曜日以外、打者大谷と戦わなくて済んでいた。それが現在は8試合連続で野手として出場している。

 冒頭のスコアラーは「打者大谷にはお手上げです」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事