ハム大谷との差開く一方…西武・菊池“制球難”は何が原因

公開日: 更新日:

「高校時代のことを考えれば、もっと活躍していてもおかしくない」

 メジャー球団のスカウトが口々にこう言うのは、西武菊池雄星(25)のことだ。

 岩手・花巻東高時代に「10年に1人」の逸材といわれた菊池は、高校3年だった09年にメジャー挑戦を公言。実際にメジャー8球団と面談した結果、将来のメジャー挑戦を視野に入れ、西武にドラフト1位で入団した。

 プロ6年目の今季は開幕投手を務め、6勝5敗、防御率2.47をマークしている。しかし、去る6月14日の広島戦で右脇腹を痛め、現在は二軍調整中。試合では制球に苦しむことも多く、これまで2ケタ勝利は一度もない。過去に超高校級といわれた松坂、ダルビッシュ、田中らと比べると物足りないし、菊池と同様にメジャー挑戦の夢を抱いて日本ハム入りした高校の3年後輩の大谷翔平(22)との差は開く一方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る