ハム大谷との差開く一方…西武・菊池“制球難”は何が原因

公開日: 更新日:

「高校時代のことを考えれば、もっと活躍していてもおかしくない」

 メジャー球団のスカウトが口々にこう言うのは、西武の菊池雄星(25)のことだ。

 岩手・花巻東高時代に「10年に1人」の逸材といわれた菊池は、高校3年だった09年にメジャー挑戦を公言。実際にメジャー8球団と面談した結果、将来のメジャー挑戦を視野に入れ、西武にドラフト1位で入団した。

 プロ6年目の今季は開幕投手を務め、6勝5敗、防御率2.47をマークしている。しかし、去る6月14日の広島戦で右脇腹を痛め、現在は二軍調整中。試合では制球に苦しむことも多く、これまで2ケタ勝利は一度もない。過去に超高校級といわれた松坂、ダルビッシュ、田中らと比べると物足りないし、菊池と同様にメジャー挑戦の夢を抱いて日本ハム入りした高校の3年後輩の大谷翔平(22)との差は開く一方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る